プレスリリース

  • 記事画像1

Planetway Japan株式会社

PlanetwayJapan ラウル・アリキヴィ氏 取締役就任のお知らせ

(PR TIMES) 2016年08月31日(水)10時44分配信 PR TIMES

Planetway Corporation (日本法人:Planetway Japan株式会社、東京都千代田区、代表取締役CEO:平尾憲映、以下「Planetway」)は、9月1日よりラウル・アリキヴィ氏を取締役として、新たに迎えたことを報告いたします。
Planetway Corporation (本社:米国 http://pwlvc.com/jp/)は 、IoT(モノのインターネット)の社会インフラ化・エコシス テムの創出をミッションに、多種多様な業種・技術群をアグリゲートし、グローバルに新事業を創出し、企業様・エンドユーザー様への次世代の新たな価値を生み出す為、2015年7月に設立しました。

現在、グローバルIoT向け通信サービスを展開し、更にIoTの新規事業創出に特化した、IoTプラットフォーム、「avenue」の実証事業を展開中。複数のOpenデータベースを組み合わせてデータに新たな付加価値をもたせる “独自のデータ解析エンジン”の構築にも視野を入れています。グローバル通信環境、IoT、データの3つのkeywordを事業の柱として、世界規模のビジネス展開を実施します。

[画像: http://prtimes.jp/i/21086/1/resize/d21086-1-130653-1.jpg ]


今回、取締役に就任するラウル・アリキヴィ氏は、IT大国であるエストニアで生まれ、2020年に向けエストニア情報社会の新たな戦略並びに政策の設計などを担当するエストニア経済通信省(Ministry of Economic Affairs and Communications)に入省、経済開発部にて局次長を務めた輝かしい経歴の持ち主です。

この経歴を生かし、就任後は2016年1月に設立したPlanetwayのヨーロッパ支社でありIoT系スタートアップ企業「Planetway Europe OU」にて、マネージングディレクターとして活動をスタートします。

《経歴》
ラウル・アリキウ゛ィ
1979年エストニア生まれ。
2002年タルトゥ大学卒業後、
2005年早稲田大学の修士課程を修了する。エストニア経済通信省入省。
2007-12年、エストニア経済通信省(Ministry of Economic Affairs and Communications)の経済開発部で局次を務める。同省では2020年に向けたエストニア情報社会のための新たな戦略と政策の設計などを担当。
2010-12年、エストニア航空の監査役に就任し、政府担当者として航空会社の再 建従事。

現在は日本に暮らし、エストニア行政での経験と知識を生かしてコンサルティン グ会社ESTASIAを2012年12月に設立し、アジアにエストニアの行政システムな どを紹介している。2013年には日本のクラフトビールを欧州へ輸入するBIIRUを 設立。

2016年、Planetwayのヨーロッパ支社であるIoT系スタートアップ企業、 Planetway Europeを代表の平尾と共に設立し、活動。
共同書籍:未来型国家エストニアの挑戦
http://www.amazon.co.jp/dp/4802090382/


【 本件に関するお問い合わせ 】
Planetway Japan株式会社
広報担当 井関紀子
info@pwlvc-pr.com
03-5534-8608

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る