• トップ
  • リリース
  • 大阪のカトリック6校が、2017年4月に生まれ変わります! 校名変更・男女共学化・21世紀型教育導入など、同時に始動!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

学校法人 聖母女学院

大阪のカトリック6校が、2017年4月に生まれ変わります! 校名変更・男女共学化・21世紀型教育導入など、同時に始動!

(PR TIMES) 2016年04月22日(金)19時32分配信 PR TIMES

大阪聖母学院の小学校・中学校・高等学校、聖母被昇天学院の小学校・中学校・高等学校が、来春生まれ変わります!

大阪のカトリック6校(2法人)は、2017年4月より教育システムを知識集積型の伝統的な教育から大きく変換し、時代の変化とグローバル社会に対応するため「21世紀型教育」を始動し、次世代で真に活躍できる人材育成をめざした教育を実施いたします。21世紀型教育は、1.英語イマージョン教育、2.アクティブラーニング、3.ICTの活用の3つを軸に展開していきます。それに伴い、校名変更・男女共学化も同時に進めて参ります。
2017年4月、カトリック2学校法人(学校法人 聖母女学院 と 学校法人 聖母被昇天学院)の各小学校、中学校、高等学校の計6校は、教育改革を同時に実施致します。
【教育改革実施校】・・・大阪聖母学院小学校、大阪聖母女学院中学校・大阪聖母女学院高等学校、聖母被昇天学院小学校・聖母被昇天学院中学校・聖母被昇天学院高等学校の計6校。

■教育改革1)21世紀型教育へ転換
【21世紀型教育】20世紀に行われていた知識集積型の伝統的な教育から、21世紀型スキルを養い伸ばす教育への転換に取り組むために、私たちが目指す教育の在り方。※21世紀型スキル=世界の教育関係者らが立ち上げた国際団体「ATC21s」(The Assessment and Teaching of 21st-Century Skills=21世紀型スキル効果測定プロジェクト)が提唱する概念で、これからのグローバル社会を生き抜くために求められる一般的な能力を指す。批判的思考力、問題解決能力、コミュニケーション能力、コラボレーション能力、情報リテラシーなど、次代を担う人材が身に付けるべきスキルを規定したもの。
<具体的な教育内容>
1)英語で行う授業
社会で役立つ英語の習得を目指し、英語授業の強化だけではなく、小学1年から算数、理科、社会などをネイティブ教員による英語での授業を実施(イマージョン教育)。
●大阪聖母には、スーパーイングリッシュコースを設置
●聖母被昇天には、アサンプションイングリッシュコースを設置
※高校卒業時には、4技能英語を習得し、英語で議論ができるC1レベル(CEFR)を目指す。

2)アクティブラーニングによる、課題解決型授業
アクティブラーニングによる授業で、知識集積型から、課題解決型への転換。すべてに於いて、自ら考え答えを求める方式への転換を図る。明治以来の日本教育の大変革と言えるもので、高い英語力とともにグローバルに活躍できる能力を養う。
[画像1: http://prtimes.jp/i/18918/1/resize/d18918-1-609138-1.jpg ]


3)ICT活用による教育
全員がタブレット所有し、ICTの多用で学習理解を深める。またICT活用は、集団授業における個別対応を可能にします。それによって、個別理解を深め従来の授業でのいわゆる落ちこぼれをなくし、個別の能力に応じた学習理解が可能となります(Blended Learning)。またICT(タブレット)の活用は、個々による英会話実習(一人ひとりが英会話教室とつながり、個別授業を受けられる)を可能にし、効果的な教育が展開できます。


■教育改革2) 校名変更


1)2017年4月、大阪聖母学院小学校・大阪聖母女学院中学校・大阪聖母女学院高等学校は、
[画像2: http://prtimes.jp/i/18918/1/resize/d18918-1-622643-2.jpg ]



香里ヌヴェール学院小学校・香里ヌヴェール学院中学校・香里ヌヴェール学院高等学校 に変わります。
※「ヌヴェール」の由来:本学院創立にゆかりの深いフランスの「ヌヴェール」の地名を冠することになりました。ヌヴェール(Nevers)はフランス中央部、ロワール川とニエーヴル川の合流点に近い、ロワール川右岸の丘陵の斜面上に位置しています。


2)2017年4月、聖母被昇天学院小学校・聖母被昇天学院中学校・聖母被昇天学院高等学校は、

[画像3: http://prtimes.jp/i/18918/1/resize/d18918-1-408625-4.jpg ]



アサンプション国際小学校・アサンプション国際中学校・アサンプション国際高等学校 に変わります。
※「アサンプション」の由来:カトリック教会ではマリアを「聖母マリア」と呼び、マリアがこの世の命を終えたとき、神様が間違いなく天国へお召しになったことを信じ、「神様がマリアを天に上げられた」と宣言しています。これを聖母被昇天(英語で“Assumption”アサンプション)といいます。


■教育改革3) 男女共学化
1)大阪聖母学院中学校・高等学校と聖母被昇天学院小・中・高の5校は建学以来、女子校として歩んで参りましたが、2017年4月の入学生より男子児童・生徒の受け入れを致します。

<各校の所在地>
〒 572-8531 大阪府寝屋川市美井町18番10号
大阪聖母学院小学校         TEL 072-831-8451 
http://www.seibo.ed.jp/osaka-es/
大阪聖母女学院中学校・高等学校  TEL:072-831-8452 
http://www.seibo.ed.jp/osaka-hs/

〒562-8543 大阪府箕面市如意谷1丁目13番23号
聖母被昇天学院小学校        TEL:072-723-6150 
http://www.assumption.ed.jp/primary/index.html
聖母被昇天学院中学校高等学校    TEL:072-721-3080 
http://www.assumption.ed.jp/jsh/



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る