• トップ
  • リリース
  • TRAFIGURA社、長期円建てローンにて460億円を調達既存の円建てローンの約2倍に増額

プレスリリース

TRAFIGURA社、長期円建てローンにて460億円を調達既存の円建てローンの約2倍に増額

(PR TIMES) 2016年03月24日(木)14時24分配信 PR TIMES

期間3年・総額460億円の借入れの完了を発表
【2016年3月24日、シンガポール】
国際商品取引市場における業界最大手企業の一社であるTrafigura 社(英語表記:Trafigura Group Pte Ltd )は、期間3年・総額460億円の借入れを完了したことを本日発表しました。この借入れは当社の2014年に調達したサムライローン(255億円)の約2倍の金額となりました。日本の銀行12行が融資を行い、継続的に成長し、高いビジネス・財務パフォーマンスを示しているTrafigura社への関心が高まっていることが明らかとなりました。

新たに5行の貸付人が加わり、一般事業資金を用途とした2014年に調達したサムライローンからの借り換えを行いました。尚、既存貸付人の多くは本ローンに継続して参加し、参加金額を増額しています。

Trafigura社最高財務責任者クリストフ・サモンは「Trafigura社は国際商品取引市場における企業として初めて、2012年に90億円の円建てローンを銀行3行の協力を得て発行しました。日本の銀行が継続して商品取引市場に関心を示し、Trafigura社の利益率や成長率を高く評価してくださったことを光栄に思います。サムライローンは当社の長期資金の多角化を可能にする主要な資金調達戦略の一環です。」と、コメントしています。

今回の融資において、三菱東京UFJ銀行およびみずほ銀行がブックランナー並びに主幹事を担当しました。

Trafigura社について:
1993年に創設されたTrafigura社は、国際取引市場における業界最大手企業の1社であり、石油、鉱物、金属市場を専門としています。Trafigura社は近年継続的な成長を遂げ、2015年度は972億USドルの利益を達成しました。主な貿易事業は、原油、石油製品、非鉄鉱物、バルク鉱物の供給と運送です。Trafigura社の取引業は、世界的な石油製品の流通企業であるPuma Energy社、ジョイント・ベンチャーであるDT Group、世界的なターミナル・オペレーターであるImpala Terminals社、Trafigura社のMining Groupに支えられています。詳しくは www.trafigura.comをご覧ください。

プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る