• トップ
  • リリース
  • 早稲田エルダリーヘルス事業団とブレインケア、認知症予防プログラム事業における業務提携に合意

プレスリリース

ブレインケア株式会社

早稲田エルダリーヘルス事業団とブレインケア、認知症予防プログラム事業における業務提携に合意

(PR TIMES) 2016年03月24日(木)12時24分配信 PR TIMES


株式会社早稲田エルダリーヘルス事業団(本社:東京都港区、代表取締役社長:筒井祐智 以下「早稲田エルダリーヘルス事業団」)とブレインケア株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役 CEO:山本大輔 以下「ブレインケア」)は、2016年3月24日、認知症予防プログラム事業における業務提携に合意いたしました。

早稲田エルダリーヘルス事業団は「運動習慣を身に付ける」ことを目的として、早稲田大学エルダリー・ヘルス研究所の協力のもとエビデンス(科学的根拠)を重視した運動プログラムを提供する介護予防デイサービス「早稲田イーライフ」を全国99施設6,000名以上のお客さまに提供しています。

ブレインケアは、「誇りある高齢化社会の実現」という理念のもと、創業以来、認知症予防ソリューションの開発と、機械学習を用いた画像解析技術を基盤とする脳波測定の研究開発を行っています。

このたび、早稲田エルダリーヘルス事業団の顧客接点ならびに介護サービスの知見と、ブレインケアのIT技術ノウハウを融合し、両社で認知症予防プログラムを開発することについて合意しました。今回の提携に基づき、両社で「認知症予防習慣を身につけること」の実現を目指します。なお、新サービスは2016年中に提供を開始する予定です。

両社は今後もそれぞれの顧客基盤や事業ノウハウなどを融合し、両社の強みを活かした魅力的なサービスの開発・運営を共同で検討していきます。 

プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る