プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

株式会社アストロ数理ホールディングス

株式会社アストロ数理ホールディングス 設立のお知らせ

(PR TIMES) 2015年10月06日(火)14時58分配信 PR TIMES

経営統合により、ワンストップで本物の基幹システムを提供する

 アストロラボ株式会社(代表取締役CEO 日下ヤスユキ:東京都世田谷区、以下 アストロラボ)と、株式会社数理技研(代表取締役社長 小川浩二:東京都品川区、以下 数理技研)は、2015年10月1日付で新持株会社として、株式会社アストロ数理ホールディングスを設立いたしました。これにより、日本のみならず世界へ向け本物の基幹システムを開発・提供してまいります。

URL : http://astro-suri.co.jp

[ 設立の背景 ]

 グループ各社の持続的・安定的な成長に向け、管理機能を独立させる持株会社制への移行を実施いたしました。アストロラボ、数理技研、およびアストロラボ子会社であるINDEX株式会社(代表取締役社長 塚本学:東京都台東区、以下 INDEX)の三社がグループ化することで、各社が抱えていたヒューマンリソースや技術力などの課題を解消し、企画、要件定義、開発、保守、運用までをワンストップで提供できる体制をつくります。またそれぞれが、グループの中で事業会社としての役割を担うことで、各社の強みの強化に注力し、今まで以上の新しい価値をお客様へ提供してまいります。
[画像1: http://prtimes.jp/i/15716/1/resize/d15716-1-783904-1.jpg ]



[ グループビジョン:本物の基幹システムをつくる会社 ]

 世界規模に広がりを見せるマーケットやスピードが求められる流通の現場など、小売を取り巻く環境は目まぐるしく変化を続けています。その一方で、ビジネスITが一般的に企業へ導入され始めてから約20年が経っているのにもかかわらず、その変化に即することなく停滞を続ける業務系システムがまだ主流です。また、世界規模で見ても海外製のERPソリューションのシェアが圧倒的に高く、日本発のシステムは未だ足踏みをしているのが現状です。
 今、消費者が求めるサービスの質とスピードを実現するために必要な、圧倒的な処理速度とそれぞれの業務に即した機能、使う人の心地よさを追求したUIを兼ね備えた、私たちが考える本物の基幹システムを世界へ向けて発信すべく、各社の強みを強化、一つにすることでその効果を最大化し、グループビジョン達成へとつなげてまいります。


[ 会社概要 ]

[表: http://prtimes.jp/data/corp/15716/table/1_1.jpg ]




[ ロゴ ]
[画像2: http://prtimes.jp/i/15716/1/resize/d15716-1-861308-2.jpg ]

 各事業会社やパートナーをむすび、つなげて、より大きいビジョンを描くという、ホールディングスしての役割を、同じように星々をむすびひとつの大きな絵を描くものである星座に重ねあわせ、ロゴのモチーフとしました。さらに、私たちが生み出す、もしくは提供する、「システムと利用者」「企業と消費者」「生活とビジネス」など多様なつながりも合わせ、「本物の基幹システムをつくる」というビジョン実現の意思を表現しました。
 星座は、古くから、夜の闇のなか船乗りたちが道しるべとしたものでもあります。私たちは、めまぐるしく変化するふたしかな世界で奮闘する企業に、本物の基幹システムを提供することでビジネスのあるべき未来へと案内する存在となります。


[ 今後の展開について ]

 全国規模で店舗を運営している大手小売業、百貨店、コンビニエンスストア、量販店、専門店に向けて、基幹MDシステム、顧客管理・CRM、ECシステム、分析BIツール、人事カルテなどで構成するAstro Blasterシリーズの提供を、グループでのワンストップ体制を強みに一層強化してまいります。
 長期的な成長戦略のマイルストーンとして今回の持株会社設立を捉え、世界規模のシステムに肩を並べる日本初のERPソリューションを展開してまいります。


《参考リンク》
大規模ERPソリューション「Astro Blasterシリーズ」 http://astrolab.co.jp/products/
オンメモリデータベースマネジメントシステム「Core Saver」 http://www.suri.co.jp/products/se_index.html



プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る