プレスリリース

キング&スポルディング

キング&スポルディングが東京事務所を開設

(PR TIMES) 2015年09月15日(火)12時41分配信 PR TIMES

アジア全域およびグローバルにおける豊富なエネルギー実績を活用

【2015年9月15日、東京】国際法律事務所のキング&スポルディングは、本日、日本の法務省の承認を受け、米国外で10番目、世界で18番目となる事務所を東京に開設したことを発表しました。東京事務所は、シンガポールのオフィスとともに、アジアパシフィック全域において、当事務所が市場リーダーであるエネルギー関連業務を担当します。
キング&スポルディング会長のロバート・ヘイズは、次のように述べています。
「東京事務所は、エネルギー、プロジェクト、ファイナンス、建設、国際仲裁の分野ですでに業績を上げているモメンタムを活かしながら、より幅広な専門性およびアジア広域における業務を顧客に提供します。」

キング&スポルディングの東京事務所は、元アシャーストのパートナー、ジョン・マクレナハン、マーク・デイヴィズ、クリス・ベイリーを創設パートナーとして迎え、2015年10月からはルパート・レヴィが加わります。本チームは日本で高く評価されており、輸出信用機関、金融機関等、エネルギー資源分野の大手日系企業および韓国企業に対し、代理業務を提供します。また、エネルギー資源、インフラ、運輸貿易、知的所有権をめぐる紛争解決においても豊富な実績を有しています。

東京事務所のチームは、インフラ、エネルギー資源関連プロジェクト全般におけるあらゆる局面でアドバイスを提供します。完全に統合されたチームの専門分野は以下です:


エネルギー資源:天然液化ガス(液化および再ガス化ターミナルおよび輸送)、FLNG、FSRU、FPSO、ガスパイプライン、石油化学製品、石油・ガス上流部門、発電施設、採掘事業
インフラ開発:鉄道、道路、空港、港湾ターミナル
紛争解決:投資家対国家の紛争および複雑な商業紛争仲裁、外国裁判所訴訟、政府捜査の戦略マネジメント、企業コンプライアンスプログラム策定、制裁に関するアドバイス、その他論争を呼ぶ規制関連
ファイナンス:プロジェクトファイナンス、アセットファイナンス、ECAファイナンス、シップファイナンス
コーポレート:M&A、私募投資ファンド、ジョイントベンチャー


キング&スポルディングの新東京事務所は、丸の内 東京銀行協会ビルの15階に居を構えます。

キング&スポルディングについて:
125年間以上にわたる歴史を誇るキング&スポルディングは、Fortune Global 500掲載企業の約半数を含む幅広い企業に対し、代理業務を提供する国際法律事務所です。米国、欧州、中東およびアジアにおける17の事務所に800名の弁護士を擁し、6大陸、160カ国以上における案件を取り扱っています。キング&スポルディングは、業績、品質に対する断固たるコミットメント、顧客企業の事業および文化に対する理解を常に高く評価されています。詳しくはウェブサイトをご覧ください。www.kslaw.com

本リリースに関する問合せ先:
アシュトン・コンサルティング・リミテッド
03-5425-7220
東川 麻衣/ダン・アンダーウッド
m.higashikawa@ashton.jp / dhu@ashton.jp

プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る