• トップ
  • リリース
  • “ワーク・ライフオーガナイズ” ワークとライフの整理整頓とスキル強化のサービスを提供するオーガナイズ・コンサルティング株式会社設立

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

Organize Consulting株式会社

“ワーク・ライフオーガナイズ” ワークとライフの整理整頓とスキル強化のサービスを提供するオーガナイズ・コンサルティング株式会社設立

(PR TIMES) 2015年06月11日(木)12時39分配信 PR TIMES

仕事の見直しという”守り”の姿勢だけでワーク・ライフバランスに取り組んだとしても中々成果につながりにくいのではないでしょうか?私たちはワークとライフの両面をオーガナイズ(整理整頓)し、スキルを強化することで、成果につなげる”攻め”のワーク・ライフバランスの実現を支援することを使命として、オーガナイズ・コンサルティング株式会社を設立いたしました。
ワーク・ライフバランスの問題は、仕事の効率だけを考えていては解けません。24時間の中で仕事、生活、自分、人間関係に関する全てのやるべきことを整理整頓する必要があります。

 私たちはやるべきことを「タスク」と呼びます。タスクとはそれをやると決めた「自分や周囲との約束」です。タスクが実行できないということは即ち約束を破っているという状態であり、それが続くと自分の信用残高はどんどん減り、次第に自信を失っていきます。やるべきことをやるべき時に、高い成果を出すやり方で約束を守るところまでできてはじめてWLBは整います。確実に行動を起こす「仕組み」と、成果を出す「スキル」の二つが揃うことが不可欠なのです。

私達がコンサルタントとして培った、高速で高い水準のアウトプットを出し続けるタスク管理とスキルを体系化して多くの皆様に体得していただき、年齢・性別に関係なく、誰もが自己肯定感と充実感を持って活躍している社会の実現を目指します。

[画像1: http://prtimes.jp/i/14149/1/resize/d14149-1-684776-0.jpg ]

Step1 仕組み化

ワークとライフの全てのタスクをオーガナイズ(整理整頓)します。24時間という限られた時間は、ワークとライフが厳密に区切られているわけではありません。全てをオーガナイズし、やるべき時に集中することで初めて効果が出ます。

[画像2: http://prtimes.jp/i/14149/1/resize/d14149-1-797914-1.jpg ]



Step2 スキル強化

タスクに確実に対応できる仕組みを整えた後は、短時間で、高品質なアウトプットを出せる能力を強化します。ビジネススキルやライフスキルを更に向上させる豊富なトレーニングメニューから、効果の高いトレーニングを選び、受講していただきます。


【代表略歴】
[画像3: http://prtimes.jp/i/14149/1/resize/d14149-1-974762-2.jpg ]

プライスウォーターハウスコンサルタント(現IBM)入社後、企業変革戦略コンサルティングチームのリーダーとして、新規事業戦略立案・展開、人材育成制度設計・導入などの大規模プロジェクトをリード。2005年より、コンサルティング&SI事業部門の人材開発部門リーダーとして5000人のコンサルタント・SEの人材育成リーダーを担い2013年独立。「プロを育てるプロ」として知られている。ベストセラーを含む著作多数。


【会社概要】
会社名  Organize Consulting 株式会社<br /> 設立   2015年6月10日<br /> 代表取締役 清水久三子
所在地  〒103-0004
東京都中央区東日本橋2丁目28番4号 日本橋CETビル2階<br /> TEL 03-3792-5117
お問合先  info@organize-consulting.com


【参考資料】
[画像4: http://prtimes.jp/i/14149/1/resize/d14149-1-309944-4.jpg ]

[画像5: http://prtimes.jp/i/14149/1/resize/d14149-1-331669-5.jpg ]



プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る