• トップ
  • リリース
  • 佛教大学 新型コロナウイルス感染拡大の影響に伴う学生への経済的支援について

プレスリリース

佛教大学 新型コロナウイルス感染拡大の影響に伴う学生への経済的支援について

(Digital PR Platform) 2020年04月30日(木)14時05分配信 Digital PR Platform



佛教大学(京都市北区)では、新型コロナ感染症の感染拡大を受け、5月11日より遠隔授業を実施するにあたり、学修環境全般を整えるための緊急支援として、通学課程の在学生全員に一人当たり一律50,000円を支給することを決定しました。




■緊急支援金の支給
通学課程の全学生を対象に、遠隔授業の学修環境整備のために一人当たり一律50,000円を支給します。

■春学期学費の納入期限を延期
また、2020年度春学期学費の納入期限を4月末日から7月末日まで延期します。

■パソコン、Wi-Fiの貸与
遠隔授業の実施にあたり、パソコンおよびインターネット環境の準備が難しい学生を対象に、大学より「ノートパソコン」「Wi-Fiルータ」を有償で貸出しをします(数量限定)。
なお、費用については、代金の3分の2程度を大学が負担します。


▼本件に関する問い合わせ先
佛教大学 企画部 広報課
住所:〒603-8301 京都府京都市北区紫野北花ノ坊町96
TEL:075-493-9050
FAX:075-493-9040
メール:koho@bukkyo-u.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る