プレスリリース

みらかホールディングス株式会社

新型コロナウイルスの検査試薬開発について

(Digital PR Platform) 2020年03月02日(月)12時54分配信 Digital PR Platform

 当社の連結子会社である富士レビオ株式会社(代表取締役社長:石川 剛生、本社:東京都新宿区、以下「富士レビオ」)は、国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)の「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の診断法開発に資する研究(研究開発代表者:国立感染症研究所 感染病理部部長 鈴木忠樹)」における「迅速診断キットの基盤的研究開発」※1 に参画し、新型コロナウイルスの検査試薬について開発を開始しましたのでお知らせいたします。

 富士レビオは、感染症を始めとする各種検査試薬を50年以上に渡り提供しており、高感度・高精度な試薬開発に強みを持っております。また、これまでも新興・再興感染症への取り組みとして、重症急性呼吸器症候群(SARS: Severe Acute Respiratory Syndrome、2003年)およびジカ熱(ジカウイルス感染症、2007年)などの発生時には、検査試薬の研究開発を行ってまいりました※2。

 このたびの検査試薬については、富士レビオの主力製品である全自動化学発光酵素免疫測定システム「ルミパルス®」シリーズおよび迅速診断キット「エスプライン®」シリーズの両プラットフォームにおいて開発を行います。遺伝子検査(PCR)と比較して、簡便に短時間で検査結果を得ることができ、また医療現場に近いところでの検査が可能となることから、早期治療に貢献することが期待されます。
以上

※1 令和2年2月19日 AMEDホームページ発表:新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の研究開発課題について
※2 SARSについては研究成果を論文で発表しています。J Clin Lab Anal. 2005;19(4):150-159, Kogaki H他 Novel rapid immunochromatographic test based on an enzyme immunoassay for detecting nucleocapsid antigen in SARS-associated coronavirus.




本件に関するお問合わせ先
【本件に関してのお問い合わせ先】
<メディア関連の方>
みらかホールディングス株式会社 広報部  TEL:03-6279-0884e-mail:mhd.pr@miraca.com
<投資家・アナリストの方>
みらかホールディングス株式会社 IR/SR部TEL:03-5909-3337e-mail:mhd.ir@miraca.com

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る