プレスリリース

三井住友DSアセットマネジメント株式会社

1月『訪日外客数』は微減、18市場で過去最高

(Digital PR Platform) 2020年02月25日(火)10時07分配信 Digital PR Platform

三井住友DSアセットマネジメント株式会社(代表取締役社長 兼 CEO:松下隆史)は、経済イベントや市場動向に関するマーケットレポートを日々発行しております。このたび、マーケットレポート「1月『訪日外客数』は微減、18市場で過去最高」を2020年2月20日に発行いたしましたので、お知らせいたします。

<今日のキーワード>
日本を訪れる外国人旅行者の数(『訪日外客数』)を知るには、日本政府観光局(JNTO)が発表する『訪日外客数』が参考になります。2月発表の『訪日外客数』(2020年1月推計値)は、1月が266.1万人となり、昨年1月の水準をやや下回りました。韓国からの『訪日外客数』の減少が続いています。一方で、東アジアや東南アジア市場を中心に、18市場で1月として過去最高を記録しました。

【ポイント1】1月の『訪日外客数』は前年同月比▲1.1%

4カ月連続の前年割れだが、前月からマイナス幅は縮小

■JNTOが19日に発表した2020年1月の『訪日外客数』(推計値)は266.1万人となり、前年同月比▲1.1%減少しました。『訪日外客数』の多い韓国市場の減速が足を引っ張りました。12月の同▲4.0%からはマイナス幅が縮小しました。

■一方、昨年は2月にあった春節が今年は1月になったことなどから、東アジア・東南アジア市場などで前年同月比で2桁の伸びを示しました。市場別では、中国、台湾、香港、フィリピン、ベトナムや、米国、豪州など18市場で1月として過去最高を記録しました。

【ポイント2】新型肺炎の影響はまだ表面化せず

■国別でみると、韓国市場は昨年8月以降、日韓情勢を背景とした訪日を控える動きなどから『訪日外客数』が半減する状況が続いています。但し足元ではマイナス幅が縮小し、緩やかながら持ち直しの動きがみられます。

■豪州市場は航空会社の新規就航などが寄与し、単月としても過去最高を記録しました。

■新型肺炎の影響は、感染拡大から中国政府が海外団体旅行を禁止したのが1月27日からであったためまだ表面化しておらず、本格的に統計に反映されるのは2月分からになります。

[画像1]https://digitalpr.jp/simg/1387/37650/380_394_202002211058445e4f39546d4d0.jpg

【今後の展開】『訪日外客数』は大幅減少の見込み

■韓国人観光客の減少は今後も続くとみられることに加え、これまで好調だった韓国以外の国からの『訪日外客数』も中国を中心に新型肺炎の影響で大幅に減少することが見込まれます。昨年の訪日外国人旅行消費額は約4.8兆円でしたが、今後は観光や経済への影響が懸念されます。7月に始まる東京オリンピックを控え、新型肺炎の早期終息への取り組みが切望されます。

▼三井住友DSアセットマネジメント マーケットレポートはこちらから
https://www.smd-am.co.jp/market/

重要な注意事項
・当資料は、情報提供を目的として、三井住友DSアセットマネジメントが作成したものです。特定の投資信託、生命保険、株式、債券等の売買を推奨・勧誘するものではありません。
・当資料に基づいて取られた投資行動の結果については、当社は責任を負いません。
・当資料の内容は作成基準日現在のものであり、将来予告なく変更されることがあります。
・当資料に市場環境等についてのデータ・分析等が含まれる場合、それらは過去の実績及び将来の予想であり、今後の市場環境等を保証するものではありません。
・当資料は当社が信頼性が高いと判断した情報等に基づき作成しておりますが、その正確性・完全性を保証するものではありません。
・当資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。

三井住友DSアセットマネジメント株式会社 
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第399号
加入協会:一般社団法人投資信託協会、一般社団法人日本投資顧問業協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会


本件に関するお問合わせ先
三井住友DSアセットマネジメント株式会社 営業企画部 
松嶋Tel.03-5405-0791

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る