• トップ
  • リリース
  • 日本製鉄 建築家隈研吾氏監修の日本初チタン製ルーバー発売

プレスリリース

日本製鉄株式会社

日本製鉄 建築家隈研吾氏監修の日本初チタン製ルーバー発売

(Digital PR Platform) 2020年02月20日(木)14時42分配信 Digital PR Platform

日本製鉄株式会社(以下、日本製鉄)の意匠性チタンTranTixxii(トランティクシィ)を使用し、建築家隈研吾氏がデザイン監修、三和タジマ株式会社が製造・販売するデザインルーバー「Ti CW Fin(チタン カーテンウォール フィン)」が完成し、2020年4月より販売開始いたします。

今回販売開始するデザインルーバー「Ti CW Fin」は、多彩な意匠が表現可能な日本製鉄の意匠性チタンTranTixxiiの基本意匠に加え、木の質感を表現しています。金属でありながら、柔らかな表現も可能なTranTixxiiに温かい木質感を融合させた、これまでにない意匠を実現しました。NST日本鉄板株式会社が調整役となり、スキルが高い加工業者と連携しデザインを具現化しました。

日本製鉄は、TranTixxiiの新しい需要価値創造に向けて、2015年より建築家隈研吾氏との協業を続けています。今回完成したデザインルーバーは、「金属でありながら生物的で有機的な質感を感じる」という隈研吾氏の視点をアイデアの源泉として、関係者で協議を重ね、製品化しました。光を操るルーバーにTranTixxiiを採用することで、反射光を和らげ、柔らかい光を室内に取り込むことができる従来とは違ったルーバーを完成させました。

今回販売開始するデザインルーバーは、チタンの表層に存在する極薄い酸化被膜を通過した光の干渉により、微妙なグラデーションが発生する特長を利用しています。自然の風景にある色合いは、もともとグラデーションになっており、TranTixxiiが自然に調和していると感じるのは、酸化被膜と表面の微細なテクスチャーの効果によるものです。

日本製鉄の意匠性チタンTranTixxii®は、建材分野において、屋根・壁等への採用拡大をすすめています。今後も新しい発想で挑戦を続け、より広く建築分野へ貢献することを目指し努力してまいります。

【クレジット:Ti CW Fin開発でコラボレーションした企業等】
意匠監修 : 隈研吾建築都市設計事務所
TranTixxii製造 : 日本製鉄株式会社
Ti CW Fin製造・販売 : 三和タジマ株式会社
意匠製作協力 : NST日本鉄板株式会社
コーディネート : 中崎隆司(建築ジャーナリスト)

[画像1]https://digitalpr.jp/simg/84/37630/700_330_202002201436505e4e1af2629d1.JPG


(お問い合わせ先)
日本製鉄株式会社 総務部広報センター TEL:03-6867-2977
         チタン営業部建材室 TEL:03-6867-5635
三和タジマ株式会社 営業推進部 TEL:03-5954-5881
NST日本鉄板株式会社 チタン開発営業室 TEL:03-3272-5133
以 上


[画像2]https://digitalpr.jp/simg/84/37630/500_62_202002201437105e4e1b0619b6e.jpg


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る