• トップ
  • リリース
  • クラーク記念国際高等学校が、全国15キャンパスでeスポーツ部をスタート!6月に「クラークeスポーツ選手権大会」を開催!全国各地のキャンパスにeスポーツ部を設置、全国の通信制高校生が『パワプロ』で頂点を競う

プレスリリース

大学プレスセンター

クラーク記念国際高等学校が、全国15キャンパスでeスポーツ部をスタート!6月に「クラークeスポーツ選手権大会」を開催!全国各地のキャンパスにeスポーツ部を設置、全国の通信制高校生が『パワプロ』で頂点を競う

(Digital PR Platform) 2020年02月17日(月)20時05分配信 Digital PR Platform

大学通信から中学・高校のニュースリリースをお送りします。



クラーク記念国際高等学校(本校:北海道深川市 校長:三浦雄一郎)は2019年度、新たに全国15キャンパスにeスポーツ部を設置しました。またeスポーツ部の設置を記念し、全国大会の開催が決定。第1回は株式会社コナミデジタルエンタテインメントの協力を得て、『実況パワフルプロ野球』を競技種目とした「クラークeスポーツ選手権大会(仮)」の開催を2020年度6月に予定しております。





■eスポーツ部開講キャンパス
 札幌キャンパス(大通・白石)、さいたまキャンパス、所沢キャンパス、東京キャンパス、単位制キャンパス東京、横浜キャンパス、単位制キャンパス横浜、千葉キャンパス、名古屋キャンパス、三田分室、大阪梅田キャンパス、京都キャンパス、神戸三宮キャンパス、広島キャンパス、福岡中央キャンパスの15キャンパス

■大会開催の経緯
 本校は、「才能開花」をキーワードに、生徒ひとり一人の「好き」や「得意」を伸ばす教育を実践しています。また、2018年に秋葉原ITキャンパスにて「スポーツコース・eスポーツ専攻」を開講し、英会話や経済学などとも絡め体系的に学ぶ体制を整えるなど、「eスポーツへの健全な取り組み」を推進してきました。eスポーツに取り組むことは「目標に向かって頑張る力」といった非認知能力の成長につながると考えています。
 このような本校の取り組みに対し、株式会社コナミデジタルエンタテインメントからの協力を得て、野球ゲーム「実況パワフルプロ野球」を競技種目としたクラークeスポーツ大会の開催が決定しました。このeスポーツ大会を「生徒の一つの成長の場」「eスポーツ文化を広く広める場」と捉え、これを全国に広げる取り組みを始めています。

■「第1回 クラークeスポーツ選手権大会(仮)」大会概要
【主 催】 クラーク記念国際高等学校
【協 力】 株式会社コナミデジタルエンタテインメント
【日 時】
・各地区オンライン予選大会: 2020年6月6日(土)
・オフライン決勝大会: 2020年6月27日(土)
【決勝大会会場】 クラーク特設会場(東京予定)
【試合形式】
・オンライン予選...3ブロック5チーム総当りブロック戦
・オフライン決勝...予選を勝ち抜いた上位1・2位の計6チームが決勝トーナメント形式
【参加予定キャンパス】 全15キャンパス予定

■「実況パワフルプロ野球」とは
 「実況パワフルプロ野球」とは、株式会社コナミデジタルエンタテインメントの野球ゲームシリーズ。愛称は「パワプロ」。シリーズの累計売上は2019年時点で2270万本以上に上る。2018年からプロ野球12球団、一般社団法人日本野球機構(NPB)と共同で「eBASEBALL プロリーグ」を開催するなど、eスポーツ文化の発展に寄与し、野球の新しい楽しみ方を提供している。

■クラーク記念国際高等学校について
 「Boys,Be Ambitious!」で知られるクラーク博士の精神を教育理念に受け継ぐ唯一の教育機関として1992年に開校。北海道深川に本校を設置し、全国50を超えるキャンパスで1万人以上が学ぶ。通信制でありながら全日制と同様に毎日制服を着て通学して学ぶ「全日型教育」という新たな学びのスタイルを開発・導入。カリキュラムの柔軟性を生かし、生徒のニーズに合わせたさまざまな特徴ある授業を展開。毎年、海外大学や国公立、有名私立大学などへの進学者を輩出している。


▼本件に関する問い合わせ先
クラーク記念国際高等学校 広報部
TEL:03-3203-3600
メール:pr@clark.ed.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る