プレスリリース

株式会社ユニクロ

『LifeWear magazine』2020年春夏号 2月14日(金)より配布開始

(Digital PR Platform) 2020年02月13日(木)12時51分配信 Digital PR Platform

2号目のテーマは“Livable Cities”

2019年8月に創刊した『LifeWear magazine』は、人々の生活をより豊かに快適にするユニクロの「LifeWear」のフィロソフィーを伝えるフリーマガジンです。2号目となる2020年春夏号は“Livable Cities”がテーマ。世界の様々な街に住む人々の日常生活を豊かにする服 - LifeWearとは何かをひもときます。
(A4変形 全140ページ、日英バイリンガル、グローバル 約100万部配布予定)
[画像1]https://digitalpr.jp/simg/593/37491/600_257_202002131245515e44c66f619c0.PNG

株式会社ファーストリテイリング グループ上席執行役員 木下孝浩からのコメント
LifeWear magazine 2号目の表紙は、イギリス人アーティスト、ジュリアン・オピーさんの作品です。彼が暮らすロンドンでの風景がインスピレーションになっているこの作品は、ダイバーシティを感じさせ、人々が好きな服を身に纏った自由なムードに溢れ、ユニクロの春夏のシーズンテーマである“Livable Cities”にも通じるものを感じました。今回はいくつかの街で暮らす人々の生活を通して、LifeWearについて考えてみました。

ユニクロ銀座店12階では『LifeWear magazine』のスペシャルフロアを2月14日(金)より期間限定でオープン。様々な都市で撮影されたファッションストーリーと、ユニクロの春夏最新ラインナップをいち早くご覧いただけます。

『LifeWear magazine』2020春夏号:主なコンテンツ
Life in Tokyo
東京に住む多種多様なバックグラウンドを持つ7人の暮らしとLifeWear

Livable City: Copenhagen
世界から注目されるコペンハーゲンの住みやすさ

Jonathan Anderson in Kyoto
ジョナサン・アンダーソン、京都でユニクロを語る

A Monocle Guide to Tokyo
グローバルマガジン『MONOCLE』と作った、東京ガイド2020

『LifeWear magazine』は全国のユニクロ店舗に加え、銀座、中目黒の蔦屋書店、ならびにTSUTAYA BOOKSTORE渋谷スクランブルスクエアにて無料配布します。2月14日(金)から電子書籍「Kindle」でも 無料配布され、コンテンツはスペシャルサイトにてデジタルマガジンとしてもご覧いただけます。

『LifeWear magazine』 スペシャルサイト
https://www.uniqlo.com/lifewearmagazine/

『LifeWear magazine』 introduction movie
https://youtu.be/D3z_l_YVPCc

[画像2]https://digitalpr.jp/simg/593/37491/500_668_202002131246275e44c69300a02.PNG

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る