プレスリリース

文教大学×ポンパドウル コラボ商品販売イベント開催

(Digital PR Platform) 2020年02月12日(水)14時05分配信 Digital PR Platform



文教大学健康栄養学部の笠岡誠一ゼミナールは2月19日(水)より、さいか屋藤沢店にて「横浜元町ポンパドウル」(ベーカリー)とコラボした新商品を販売します。




【本件のポイント】
◆文教大学健康栄養学部の学生が、「横浜元町ポンパドウル」とコラボ商品を開発。
◆2月19日(水)〜25日(火)にかけて、さいか屋藤沢店にてコラボ商品販売。


 文教大学健康栄養学部の笠岡ゼミナールでは、ゼミ活動の一環で、一般企業との商品開発を通し、消費者の嗜好や商品の価格設定を学んでいます。
 今回は、笠岡ゼミナールの学生3名が「横浜元町ポンパドウル」とコラボし、新商品を開発しました。開発した商品は、さいか屋藤沢店地下1階ポンパドウル店頭にて販売します。
 開発に関わったのは、卜部拓哉さん、磯昌也さん、斎藤亨紀さん(ともに健康栄養学部管理栄養学科3年)の3名です。昨年7月〜9月の約2ヶ月をかけて開発を行いました。
 今回開発したコラボ商品は、『黄金のきんぴらごぼうパン』と『和風しらすツイスト』の2種類です。

 『黄金のきんぴらごぼうパン』は、金ゴマをふんだんに使っており、ゴマの風味が口いっぱいに広がります。ゴマの風味とパンに合う調味料として、マヨネーズを使っています。
 金ゴマには''フラボノイド''という成分が含まれており、抗酸化作用が期待されます。

 『和風しらすツイスト』は、もちもち触感の生地を使い、しらすの他に梅干しとしそが入っています。梅干しとしそがアクセントになり、さっぱりとした味わいのパンに仕上がりました。
 しらすだけでは味のインパクトがなく、しらすの良さを引き出せる食材の組み合わせを考えるのには苦労しました。


 開発のリーダーを務めた卜部さんは「商品開発は初めての経験でしたが、企業との打ち合わせや試作などを通し新たな知識などを身につけることができました。食材の組み合わせを考えるのには苦労しましたが、満足のいく商品ができて良かったです。多くの方に食べていただきたいです。」と話しています。

 コラボ商品販売についての詳細は以下のとおりです。



【期 間】 2月19日(水)〜25日(火)
【場 所】
 さいか屋藤沢店(神奈川県藤沢市藤沢555)
 地下1階ポンパドウル店頭
【時 間】 10:00〜19:30 ※さいか屋藤沢店の営業時間に準ずる。
【商 品】
◇黄金のきんぴらごぼうパン 194円(税込)※
◇和風しらすツイスト 172円(税込)※
※2月12日に投稿いたしましたリリースの、商品の価格について誤りがございました。お詫びして訂正いたします。(2020年2月21日訂正)
【参考URL】
さいか屋藤沢店HP: https://www.saikaya.co.jp/fujisawa



▼本件に関する問い合わせ先
文教大学学園経営企画局経営企画課広報担当
住所:東京都品川区旗の台3-2-17
TEL:03-3783-7511
FAX:03-3783-6109
メール:wcntct@bunkyo.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る