• トップ
  • リリース
  • AMF-SECurity コントローラー、ソフトウェアバージョンアップで機能強化

プレスリリース

アライドテレシスホールディングス株式会社

AMF-SECurity コントローラー、ソフトウェアバージョンアップで機能強化

(Digital PR Platform) 2020年02月07日(金)18時00分配信 Digital PR Platform

アライドテレシス株式会社(本社 東京都品川区、代表取締役社長 大嶋章禎)は、AMF-SECurityコントローラー「AT-SESC」のソフトウェアをバージョンアップし、「Ver.1.8.0」の当社ホームページからのダウンロードサービスを2月7日より開始しました。

<ソフトウェア「Ver.1.8.0」で追加した主な機能>
(1)管理者ごとのAMFメンバーの管理運用
同一ネットワーク上に複数の管理者を設定して、それぞれの管理者ごとにAMF(Autonomous Management Framework)メンバーを管理できるようになりました。
例えば、会社内で部署Aと部署BにAMF-SECソリューションを導入する際、従来はそれぞれにAMF-SECurityコントローラーやAMFマスターを導入する必要がありましたが、本機能により一台のAMF-SECurityコントローラーおよびAMFマスターを共有して使用することができるため、AMF-SECの導入・運用・管理コストを削減することが可能になります。

(2) AMFアプリケーションプロキシー接続ステータス表示
AMFアプリケーションプロキシーの接続状態をGUI上で表示できるようになりました。
AMFアプリケーションプロキシーは、AMFとAMF-SECを連携させ、OpenFlow/AMF-SEC Readyライセンス対応機器デバイス以外の製品のアクセス制御を可能にする機能です。本バージョンアップより、接続状態を可視化することで、運用・管理の簡素化を実現します。

<バージョンアップ対象製品>販売中
■バージョンアップ対象製品につきましては、下記URLよりご確認いただけます。
https://www.allied-telesis.co.jp/news/newsrelease/nr200207_3.html


---------------------------------------------------------------------
<<製品に関するお問合せ先>>
TEL:info@allied-telesis.co.jp
URL:https://www.allied-telesis.co.jp
---------------------------------------------------------------------
<< ニュースリリースに対するお問合せ先>>
アライドテレシス株式会社 マーケティングコミュニケーション部
E-mail: pr_mktg@allied-telesis.co.jp
TEL:03-5437-6042 URL:https://www.allied-telesis.co.jp
アライドテレシス株式会社 東京都品川区西五反田7-21-11第2TOCビル

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る