• トップ
  • リリース
  • クラーク記念国際高等学校が、通信制高等学校第三者評価研究会より認定証を授与される -- 通信制高校としての「評価基準」に適合していると認定

プレスリリース

大学プレスセンター

クラーク記念国際高等学校が、通信制高等学校第三者評価研究会より認定証を授与される -- 通信制高校としての「評価基準」に適合していると認定

(Digital PR Platform) 2020年02月03日(月)20時05分配信 Digital PR Platform

大学通信から中学・高校のニュースリリースをお送りします。



クラーク記念国際高等学校(本校:北海道深川市 校長:三浦雄一郎)は、通信制高等学校評価研究会(所在地:東京都台東区 会長:賀澤恵二 以下:評価研究会)の第三者評価を受審し、「評価基準」に適合していると認定され、2019年12月25日に認定証及び認定マークを交付されました。




■通信制高校評価研究会とは
 文部科学省の「広域通信制高等学校における教育の質の確保のための研究開発事業」を受託し、「広域通信制高等学校に対する第三者評価の在り方の研究」をテーマとして研究する2018年に発足した任意団体です。
 近年、通信制高等学校に対する生徒・保護者のニーズが高まる中、多様なスタイルの通信制高校が設置され、その数は増加傾向にあります。しかしながら、これまで通信制高校には大学や専門学校のような第三者機関による評価組織がなく、教育の質が担保されていないという課題がありました。そこで、評価研究会は文部科学省の「高等学校通信教育の質の確保・向上のためのガイドライン」を基に、一定水準の教育の質を担保する目安として「評価項目」「評価基準」「評価の視点」を定め、各学校がその評価基準に従って自校の教育活動・学校運営の点検・改善に取り組むというPDCAサイクルの構築を目指しています。
・公式webサイト: https://tsushin-hyoka.org

■学校評価について
1.評価基準と本校の評価について
 評価項目・評価基準・評価の視点について(通信制高等学校評価研究会内サイト)を参照
 https://tsushin-hyoka.org/file/


▼本件に関する問い合わせ先
クラーク記念国際高等学校 広報部
TEL:03-3203-3600


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る