• トップ
  • リリース
  • 中央大学など多摩地域にある大学や行政が協同で2月10〜15日まで「第6回大学生ボランティア活動展&イベント」を開催 -- 「想いを行動に 今、私たちができること」

プレスリリース

中央大学など多摩地域にある大学や行政が協同で2月10〜15日まで「第6回大学生ボランティア活動展&イベント」を開催 -- 「想いを行動に 今、私たちができること」

(Digital PR Platform) 2020年01月20日(月)14時05分配信 Digital PR Platform



中央大学ボランティアセンターは、2月10日(月)〜15日(土)までイオンモール多摩平の森(東京都日野市)で開催される「第6回 大学生ボランティア活動展&イベント〜被災地と多摩地域の架け橋〜『想いを行動に 今、私たちができること』」(主催:ボラネット多摩)に今年も参加。同大は、常設の写真展のほか、物産展で支援活動を行っている地域の物産を販売したり「チーム防災」の防災すごろくや防災百人一首などのワークショップを行う。入場無料。




 2020年3月で東日本大震災から9年、2020年4月で熊本地震から4年を迎えるが、中央大学を含む学生たちは現在も被災地に赴いてボランティア活動を継続している。

 中央大学ボランティアセンターは、多摩地域にある大学や行政、地域ボランティアセンターと協同で、毎年「大学生ボランティア活動展&イベント」を開催。ボランティア活動に取り組む学生らの写真展をはじめ、ワークショップや物産展などのさまざまな催しを通じて、震災の風化を防ぎ、防災・減災の啓発をしている。
 今回は、「令和元年(2019年)台風19号」によって被災した日野市において、これまで被災地の復旧・復興支援活動や、多摩地域を中心とした地域での防災・減災活動に取り組んできた経験を踏まえて、来場者に行動の選択肢を提案。それによって日野市民の背中を押し、未来の災害に向けた前向きな一歩を共に歩みだせるようにすることも目的の一つとする。
 また、展示会の説明や物産展、ワークショップなどを通じてボランティア学生と地域の人が顔を合わせることで、日野市をはじめとした多摩地域の''顔と顔が見える関係作り''の発展に貢献する。概要は下記の通り。

◆第6回 大学生ボランティア活動展&イベント 〜被災地と多摩地域の架け橋〜「想いを行動に 今、私たちができること」 概要
【日 程】 2月10日(月)〜15日(土)
【会 場】 イオンモール多摩平の森(東京都日野市多摩平2-4-1)
【参加費】 無料
【主 催】 多摩地区の大学と地域によるネットワーク(ボラネット多摩)
【協 力】 中央大学、明星大学、実践女子大学、首都大学東京、法政大学、イオンモール多摩平の森、日野市、日野市社会福祉協議会

〇内容
(1)写真展
[日 程] 2月10日(月)〜15日(土)※常設展示
[会 場] イオンモール多摩平の森 3階 手芸センター前
[内 容]
 各大学の被災地支援ボランティア活動および地域防災につながる地域コミュニティとの関わりあるボランティア活動を、活動風景の写真を用いて展示

(2)トークセッション
[日 時] 2月15日(土)11:00〜12:30
[会 場] イオンモール多摩平の森 3階 イオンホール
[内 容]
 各大学の団体紹介とトークセッション。大規模災害から命と暮らしを守るために、被災地での学びを糧に、私たち市民のこれからを考える。
 中央大学からは「チームくまもと」(主な活動場所:熊本県阿蘇郡西原村)、「ふらっと真備」(岡山県倉敷市真備町)、「チーム女川」(宮城県牡鹿郡女川町)、「はまぎくのつぼみ」(岩手県宮古市)、「チーム防災」(東京都多摩地域)、「面瀬学習支援」(宮城県気仙沼市面瀬地区)の学生が登壇。

(3)物産展
[日 時] 2月15日(土)11:00〜17:00 
[会 場] イオンモール多摩平の森 G階 陽だまりのアトリウム
[内 容]
 学生が支援活動をしている地域の物産を販売
 ・中央大学「はまぎくのつぼみ」...宮古の塩麹クッキー、あかもくせんべい
 ・中央大学「チーム女川」...さんまの昆布巻き、たこのやわらか煮

(4)防災ワークショップ および ステージパフォーマンス
[日 時] 2月15日(土)13:00〜17:00
[会 場] イオンモール多摩平の森 3階 イオンホール
[内 容]
 ・中央大学「チーム防災」...防災すごろく、防災百人一首 など

(5)大学オリジナルグッズスタンプラリー
[日 時] 2月15日(土)13:00〜17:00
[内 容]
 各企画実施場所でスタンプを集めた人に、大学オリジナルグッズをプレゼント(※数に限りがございますので、予めご了承ください)。

■「多摩地区の大学と地域によるネットワーク(ボラネット多摩)」について
 「多摩地区の大学と地域によるネットワーク(ボラネット多摩)」(中央大学ボランティアセンター、明星大学ボランティアセンター、実践女子大学キャリア生活支援課、首都大学東京ボランティアセンター、法政大学多摩ボランティアセンター、日野市企画部地域共働課、日野市ボランティア・センター(日野市社会福祉協議会))は、「大学生のボランティア活動」を通じた多摩地区の活性化のために、大学や地域の枠を超えて連携し、活動を行っている。
 これまで、日野市立平山小学校の子どもや家族を対象にした「減災ウォークラリー」や、日野市役所における「大学生ボランティア活動写真展」、「大学生ボランティア活動展&イベント」などを実施してきた。

※ご取材いただける場合は、添付PDF「取材申込書」を中央大学広報室へFAXまたはE-mailにてご送付いただけますと幸甚です。何卒よろしくお願い申し上げます。

▼本件に関する問い合わせ先
 中央大学ボランティアセンター
 TEL: 042-674-3487
 E-mail: chuo-volunteer-grp@g.chuo-u.ac.jp

▼取材に関する問い合わせ先
 中央大学広報室
 TEL: 042-674-2050
 E-mail: kk@tamajs.chuo-u.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る