• トップ
  • リリース
  • <東日本大震災から9年>神奈川大学において 災害復興を考えるフォーラム〜住み続けられるまちづくりを目指して〜 開催

プレスリリース

<東日本大震災から9年>神奈川大学において 災害復興を考えるフォーラム〜住み続けられるまちづくりを目指して〜 開催

(Digital PR Platform) 2020年01月17日(金)14時05分配信 Digital PR Platform



●東日本大震災から9年。
●福島第一原子力発電所の事故により全村避難を余儀なくされた<福島県飯舘村村長 菅野 典雄氏>の壮絶な実体験と、津波により多大な被害を被った宮城県から<みやぎ心のケアセンター 福地 成 氏>による、心のケアの現状も交え、現地報告をします。
●東日本大震災から継続的に被災地支援を実施している<城南信用金庫 理事長 川本 恭治氏>、<福島民報社 社長 高橋 雅行氏>を迎え、総合大学として防災・減災研究を多角的に研究している教授陣とともに、被災地の現状を空撮映像で分かりやすく解説する講演や、今後の復興の在り方を探るパネルディスカッションを行います。




日時:2020年2月24日(月・祝) 14:00〜17:10(開場 13:30)
会場:神奈川大学横浜キャンパス 16号館セレストホール (神奈川県横浜市神奈川区六角橋3-27-1)
※ご来場者には福島県飯舘村の特産品「アルストロメリア(花言葉は未来への憧れ)」の切り花をプレゼントいたします。


【プログラム】
●開会のあいさつ
神奈川大学 学長 兼子 良夫

●基調講演  「三陸被災地の現状と問題点〜空撮映像で考える想定外の現実」
神奈川大学 経済学部 教授 佐藤 孝治

●被災地現場から現地報告
福島県 飯舘村村長 菅野 典雄 氏 
宮城県 みやぎ心のケアセンター副センター長 福地 成 氏

●パネルディスカッション 「今後の復興の在り方について」
城南信用金庫理事長 川本 恭治 氏 × 福島民報社社長 高橋 雅行 氏 × 神奈川大学工学部教授 曽我部 昌史
コーディネーター 神奈川大学工学部教授 荏本 孝久



●朗読
原 良枝氏(元tvk アナウンサー/2020年4月国際日本学部特任教授就任予定)

●閉会のあいさつ
城南信用金庫理事長 川本 恭治 氏



【参加申込み】参加費無料
参加申込参加ご希望の方は、ハガキ、メールで郵便番号、住所、氏名、年齢、電話番号、同伴者がいる場合は参加総人数、「災害復興を考えるフォーラム」と明記のうえ、下記あて先まで応募してください。
先着順に聴講ハガキを発送させていただきます。(定員になり次第締め切ります)
※お申し込みいただきました個人情報は、事務局で厳重に管理し、講演会に関する連絡等にのみ使用し、第三者への提供・開示はいたしません。



【申込み先・問い合わせ先】
〒231-8445神奈川県横浜市中区太田町2-23
神奈川新聞社内 「災害復興を考えるフォーラム」事務局
Fax:045-227-0765 Tel:045-227-0812 受付時間(平日 10:00〜17:00)
Mail: kokoku@kanagawa-np.co.jp
締切 2月17日(月)必着

主催:神奈川大学
共催:城南信用金庫
協力:福島民報社、河北新報社

※取材にお越しになる際には、下記までご一報ください。
神奈川大学 横浜キャンパス 広報部広報課 電話:045-481-5661(代)


▼本件に関する問い合わせ先
広報部
TEL:045-481-5661


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る