• トップ
  • リリース
  • 日本獣医生命科学大学が「第2回 ニチジュウシンポジウム 2019」を開催 -- 学生・教職員の垣根を超えた研究者同士の交流・意見交換イベント

プレスリリース

日本獣医生命科学大学

日本獣医生命科学大学が「第2回 ニチジュウシンポジウム 2019」を開催 -- 学生・教職員の垣根を超えた研究者同士の交流・意見交換イベント

(Digital PR Platform) 2020年01月15日(水)20時05分配信 Digital PR Platform



日本獣医生命科学大学(東京都武蔵野市)は昨年12月6日、「第2回 ニチジュウシンポジウム 2019」を開催した。これは、同大の研究者が一堂に会し、日々行われているさまざまな分野に関する研究の成果を発表するもの。2回目となった今回は、教員61名と学生71名、職員24名の合計156名が参加し、活発に議論や意見交換が行われた。




 「ニチジュウシンポジウム」は、学内の研究交流と特色ある研究の推進を目的として2018年度から開催されているイベント。教員や学生、職員が「研究者」同士として垣根を超えて交流し、それぞれのテーマに関して議論や意見交換を行う。

 第2回となる今回は、「大学間連携による共同研究」「産官学連携による共同研究」「特色ある研究プロジェクト」とポスター発表の4コーナーに分かれて進行。「大学間連携による共同研究」では2名、「産官学連携による共同研究」では3組、「特色ある研究プロジェクト」では4名がそれぞれ講演を行い、「マウスの腸炎感受性」や「畜産食品の共同開発」、「ウシ用弱毒生ワクチン作出」など、同大の4学科の特色を生かした9演題が発表された。
 ポスター発表では、34組がそれぞれの研究について発表。参加者らが和やかかつ活発に議論する様子が見られた。

 その後、研究交流・懇親会が催され、参加者らは見た目も華やかなたくさんの料理に舌鼓を打ちつつ、発表について議論を繰り広げたり交流を深めたりと有意義な時間を過ごした。
 また、ポスター発表の表彰式も行われ、大学院生2名に優秀賞が贈られた。

 来年度以降は、学外研究者を招請したり大学院生を主体として開催したりするなど、今年度と違ったシンポジウムを行う予定。そのほか、同窓会と連携しての開催も予定している。

▼シンポジウムに関する問い合わせ先
 日本獣医生命科学大学 研究推進課
 TEL: 0422-31-4151(代)
 E-mail: research@nvlu.ac.jp

▼報道に関する問い合わせ先
 日本獣医生命科学大学 学長室・企画調査課
 住所:  〒180-8602 東京都武蔵野市境南町1-7-1
 TEL:  0422-31-4151(代)
 FAX:  0422-33-2094
 E-mail: ir-nvlu1@nvlu.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る