• トップ
  • リリース
  • 東洋大学が『第33回 東洋大学「現代学生百人一首」』入選作品を発表

プレスリリース

東洋大学が『第33回 東洋大学「現代学生百人一首」』入選作品を発表

(Digital PR Platform) 2020年01月15日(水)14時05分配信 Digital PR Platform



東洋大学(東京都文京区/学長:竹村牧男)は1月15日に、第33回 東洋大学「現代学生百人一首」入選作品100首、小学生の部入選作品10首を発表しました。日本国内外から寄せられた“現代の学生”ならではのユニークな61,976首の作品から選定。毎年大きな反響と多くの方々からのご支持をいただいております。




 「現代学生百人一首」は、本学が1987年に創立100周年を迎えた際に、「百」にちなんだ記念行事のひとつとして始めた事業であり、毎年大きな反響と多くの方々からのご支持をいただいております。全国で最も累計応募数の多い短歌コンクール(※)であり、第1回から第33回までの累計応募作品数は1,507,581首を数えます。また、第30回からは文部科学省の後援をいただいています。
(※)2020年1月15日 本学調べ



 33回目となる今回は、61,976首の作品が寄せられました。ここに紹介する入選作品100首からは、2019年の話題や世の中の出来事、そして日常生活に対する若者たちの感性をうかがい知ることができます。作品募集のテーマである「現代学生のものの見方・生活感覚」を基準に、厳正に審査された入選作品100首を発表するとともに、小学生の部 入選作品10首も併せて紹介いたします。
 また、学校全体で取り組み、多数の優れた作品を応募いただいた学校に贈呈する「学校特別賞」も5校選出いたしました。



*詳細につきましては、東洋大学公式Webサイト内、現代学生百人一首ページ( https://www.toyo.ac.jp/site/issyu/
)よりご覧ください。



<第33回 東洋大学「現代学生百人一首」概要>
■テーマ:「現代学生のものの見方・生活感覚」を詠みこんだ短歌
■応募総数:61,976首(内、小学生554首)
■応募校総数:569校
■応募期間:2019年9月20日(金)〜10月16日(水)
■選考方法:東洋大学「現代学生百人一首」選考委員会にて選考
[選考委員長]
 ・菊地 義裕 東洋大学文学部教授 
[選考委員]
 ・高柳 祐子 東洋大学文学部准教授
 ・神田 重幸 東洋大学名誉教授
 ・花山 多佳子氏 歌人/歌誌『塔』選者
 ・米川 千嘉子氏 歌人/歌誌『かりん』編集委員

▼本件に関する問い合わせ先
東洋大学 総務部 広報課
住所:〒112-8606 東京都文京区白山5-28-20
TEL:03-3945-7571
FAX:03-3945-7574
メール:mlkoho@toyo.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る