• トップ
  • リリース
  • リクルート、長崎県壱岐市と共に新たな地方創生手法の確立に向けての包括連携協定を締結

プレスリリース

株式会社リクルートホールディングス

リクルート、長崎県壱岐市と共に新たな地方創生手法の確立に向けての包括連携協定を締結

(Digital PR Platform) 2020年01月10日(金)15時30分配信 Digital PR Platform

[画像1]https://digitalpr.jp/simg/2/36892/450_130_202001091334225e16ad4e736fc.jpg

株式会社リクルートホールディングスの中間持ち株会社である株式会社リクルート(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:北村吉弘、以下リクルート)は、長崎県壱岐市(以下壱岐市)との間で、新たな地域創生手法の確立を目的とした包括連携協定を締結しました。

本協定に基づき、リクルートは壱岐市と協働して、リクルートの持つ人材開発や組織活性のノウハウ、様々なパートナー企業や団体とのリレーションを生かし、地域社会における人と地域の先進的な繋がり方を探求してまいります。

また、壱岐市と慶應義塾大学SFC研究所で交わされている「地域創生に関する研究開発の連携協力協定」(2019年10月1日付け)に基づき、慶應義塾大学SFC研究所も交えた3者による連携協力についての覚書も同時に締結し、取り組みのモデル化や横展開を視野に入れた体制で活動を進めてまいります。

――――――――――――――――――――
本件の背景と目的
――――――――――――――――――――

リクルートは人材事業を営む会社として創業し、現在に至るまで「人と組織」というテーマに向き合ってきました。現代では働き方はもちろん、学び方や生き方においてもさまざまな選択肢が存在し、多様性が拡大しています。そのような中、当社は 「人と組織」だけでなく「人と人」「人と仕事」「人と社会」の新しいがり方というテーマに着目し、そのあり方を考える「ヒトラボ」という組織を、2019年4月に立ち上げました。そしてこれまでリクルートが培ってきた「人と組織」に関連したノウハウを、ヒトラボが中心となってさまざまな地域やステークホルダーのみなさまと協働しながら発展させることで、日本の地域社会に貢献したいと考え、この度壱岐市と包括連携協定を締結しました。今回の取り組みは壱岐市の地域活性に寄与するだけではなく、広く他の地域にも展開可能な地方創生の手法を確立することを目的としています。

――――――――――――――――――――
取り組み内容
――――――――――――――――――――

リクルートは、総務省が実施している「地域おこし企業人プログラム」を活用し、従業員を壱岐市に派遣し、壱岐市が2020年4月に設置を予定している「壱岐なみらい研究所(仮称)」(以下研究所)の企画・運営、および市役所職員や一部地域住民の人材開発に携わります。研究所では当初以下2つのプロジェクトの推進を予定していますが、順次取り組みの幅を広げていく予定です。

 1,地域住民のエンゲージメント可視化を通した住民の地域参加の促進
 2,学校をはじめとした教育環境の魅力化

また、派遣される従業員が壱岐市の未来を先導する社会システムに関するテーマを設定し、その従業員が慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科に所属する場合は、慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(以下、SFC)からの遠隔と対面での助言と指導を受けながら、壱岐市に資する研究開発に従事いたします。

――――――――――――――――――――
長崎県壱岐市について
――――――――――――――――――――

壱岐市は、福岡県沖に位置する人口2万7000人ほどの島で、「SDGs未来都市・自治体SDGsモデル事業」に選出されるなど、地域活性の取り組みに対してこれまでも積極的に取り組んできました。壱岐市の調査では、同市内の高校生の6割が「壱岐に残って働きたい」という結果が出ており、観光地としてだけでなく、住民にとっても魅力が大きい地域であることがわかっています。

今後も子どもたちをはじめとした壱岐市の住民にとって魅力ある島であり続けるために、壱岐市が様々な取り組みを行う中、「人と組織」のあり方を考える当社のこれまでの取り組みが、地域活性においても役立てられる可能性があるとの認識で、本包括連携協定の締結に至りました。

――――――――――――――――――――
株式会社リクルート ヒトラボ ラボ長 今村健一のメッセージ
――――――――――――――――――――

現代では働き方はもちろん、生き方においてもさまざまな選択肢が存在し、多様性が拡大しています。そのようななか、リクルートグループがこれまで社内で培ってきた「人と組織」のナレッジの共有が、地域への貢献という位置づけで壱岐市の地方創生の取組みとして寄与できることを大変うれしく思っています。

ヒトラボは2019年4月に発足し、これまでさまざまな地域やステークホルダーのみなさまと協働しながら活動をおこなってきました。このたび壱岐市および慶應義塾大学SFC研究所との連携協力体制を構築することで、実践的で新しい地方創生モデルを編み出し、いきいきとした地域・社会作りに貢献していきたいと思います。

――――――――――――――――――――
壱岐市よりリクルートに期待すること
――――――――――――――――――――

壱岐市はSDGs未来都市として、住民がさらに幸せに暮らし、働き、生きていける社会の実現を目指しており、人材開発や組織活性のノウハウを豊富に持つリクルートとの連携には大きな期待を寄せています。

また、リクルートの持つ様々なパートナー企業や団体とのリレーションも、外部から多様な知恵を取り込み、進化と変化を恐れない柔軟で強靭な地域づくりを実現するために、必要不可欠なものと考えています。

リクルートとともに進めていく事業が未来への懸け橋となり、新しい時代の離島活性化、地域活性化モデルが、ここ壱岐から創造できることを楽しみにしています。


――――――――――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
https://www.recruit.co.jp/support/form/
――――――――――――――――――――

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る