プレスリリース

相原道子氏を横浜市立大学次期学長予定者に決定

(Digital PR Platform) 2019年12月23日(月)20時05分配信 Digital PR Platform



横浜市立大学では、公立大学法人横浜市立大学定款第11条第2項に基づく学長選考を行った結果、令和2年3月に任期満了を迎える窪田吉信・現学長の後任として、相原道子(あいはら みちこ)氏を第22代学長予定者に決定しました。




■次期学長予定者

【氏 名】 相原 道子 (あいはら みちこ)
【年 齢】 63歳(昭和31年3月3日生まれ)
【職 位】 教授
【学 位】 博士(医学)(横浜市立大学)
【研究分野】 皮膚科学(薬疹、アトピー性皮膚炎、皮膚アレルギー)
【主な経歴】
・1980年 横浜市立大学 医学部 医学科卒業
・2008年 同大学 附属病院皮膚科教授
・2011年 同大学 医学部皮膚科学教室 主任教授
・2013年 同大学 附属病院 副病院長
・2016年〜 同 病院長(法人理事)



■次期学長の任期
 令和2年4月1日から令和6年3月31日までの4年間
※公立大学法人横浜市立大学学長選考等規程第6条の規定による

▼本件に関する問い合わせ先
人事部人事課
吉川 雅和
TEL:045-787-2006


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る