• トップ
  • リリース
  • 北星学園大学と北海道電力、洋菓子店、土産物店が「北海道おみやげ菓子商品開発プロジェクト」を展開 -- 新感覚スイーツ「コンコンシューきびケット コーン味」が発売

プレスリリース

北星学園大学と北海道電力、洋菓子店、土産物店が「北海道おみやげ菓子商品開発プロジェクト」を展開 -- 新感覚スイーツ「コンコンシューきびケット コーン味」が発売

(Digital PR Platform) 2019年12月19日(木)14時05分配信 Digital PR Platform



北星学園大学(札幌市厚別区)と北海道電力の会員制webサービス「ほくでんエネモール」、洋菓子店「スウィーツ&カフェ奏春楼」(札幌市中央区)、「北海道おみやげ研究所」は今年5月、「北海道おみやげ菓子商品開発プロジェクト」を発足した。このたび、同プロジェクトで開発した菓子「コンコンシューきびケット コーン味」が発売。新千歳空港内の「スカイショップ小笠原」と札幌市の「スウィーツ&カフェ奏春楼」、北星学園大学生協で販売されている。20個入り960円(税込)。




 「北海道おみやげ菓子商品開発プロジェクト」は、北海道の次世代を担う学生と、作り手(菓子製造メーカー)、売り手(おみやげ菓子販売店)が一丸となって、地域に喜ばれる北海道のおみやげ菓子商品を開発するプロジェクト。北海学園大学からは鈴木克典教授のゼミ生が参加し、札幌市の洋菓子店「スウィーツ&カフェ奏春楼」と「北海道おみやげ研究所」(※)、北海道を元気にする若者の取り組みをバックアップする「ほくでんエネモール」と共に企画から販売まで取り組んだ。

 5月のキックオフミーティングでは、「スカイショップ小笠原」などの土産店を経営する株式会社山ト小笠原商店から「北海道のおみやげ菓子の動向」を学び、株式会社奏春楼からは「材料は生産者から直接仕入れ、イチゴは農家と専属契約をして常においしい状態で供給してもらっている」「保存料を極力使用しないでおいしいお菓子を作る」といった同社の特徴について話を聞いた。
 一方、学生らは事前に調査した「流行のスイーツ」や「若者が買いたくなるスタイル」、「若者が好きなスイーツ」などに関するレポートを発表。その後グループミーティングを行い、各企業の担当者とアイデアを話し合った。

 7月には第2回ミーティングとして試食会を開催。キックオフミーティングでの結果をもとに、奏春楼がカヌレ2種類、シューケット4種類、クッキーサンド1種類を試作。学生らが実際に試食し、意見や感想を発表した。
 その結果を踏まえて、8月上旬に「スウィーツ&カフェ奏春楼」の店舗でミーティングを実施。店内の様子や販売されている商品からヒントを得て、カヌレとシューケットの2種類に候補を絞った。

 その後、8月下旬の第3回ミーティングでグループごとに話し合い、「どの年代の方でもおいしく食べることができる」「甘いものとしょっぱいものが一緒に入っているおみやげの方が色々な人に受け入れてもらいやすい」といった理由からシューケットに決定した。
 また、ネーミングやパッケージデザイン、価格、容量などについても議論し、さまざまなアイデアを出し合った。パッケージ案は見た目のかわいらしさだけではなく、持ち帰りやすさ、丈夫さなども考慮。容量や価格設定についても、自分が買う立場になった時を想定して真剣に取り組んだ。

 そして、11月に行われた第4回ミーティングで、ネーミングとパッケージを発表。商品名は「コンコンシューきびケット コーン味」、パッケージはグラフィックデザイナーの鳥海香織さんによる北海道らしさのあるかわいらしいデザインに決定した。
 さらに、奏春楼がブラッシュアップしたシューケットを試食し、味の最終形を確認。コーン味のシュー生地にパールシュガーをまぶし、甘味と塩味が溶け込んだ新感覚スイーツとなった。

 こうして開発した「コンコンシューきびケット コーン味」を12月14日から発売。新千歳空港内で行った試食販売では「美味しい」と好評で、実際に購入していく人も多く見られた。今後、北海道土産の定番になることが期待される。

◆コンコンシューきびケット(コーン味)
【内容量】 20個
【賞味期限】 60日
【販売価格】 960円(税込)
【販売店舗】
・スウィーツ&カフェ 奏春楼 (札幌市中央区南16条西10丁目3-25)
・スカイショップ小笠原 (新千歳空港 国内線ターミナルビル2F)
・北星学園大学生協(札幌市厚別区大谷地西2-3-1)

(参考)
・北星学園大学公式サイト内関連ページ
 https://www.hokusei.ac.jp/news/okashi-project/
 https://www.hokusei.ac.jp/news/okashi-project2/
 https://www.hokusei.ac.jp/news/okashi-project99/

・「ほくでんエネモール」内 関連ページ
 https://www.enemall.hepco.co.jp/u.contents/page/731.html
 https://www.enemall.hepco.co.jp/u.contents/page/788.html
 https://www.enemall.hepco.co.jp/u.contents/page/827.html

●奏春楼
 http://soushunro.co.jp/

(※)北海道おみやげ研究所
 新千歳空港の2店舗(「スカイショップ小笠原」、国際線ターミナル「山ト小笠原商店」)とネットショップ「北海道お土産探検隊」を運営する土産店(株)山ト小笠原商店と、商品開発やファン育成を支援するマーケティング会社(株)エルアイズが協同で設立。北海道の食材を使用して道内で生産する土産用商品をメーカーと共に開発し、道内外をはじめ、世界に向けたロングセラー商品を生み出すことを目指す。
 URL: http://yamato-ogasawarashouten.co.jp/audition.html

▼本件に関する問い合わせ先
北星学園大学 IR広報戦略室
住所:札幌市厚別区大谷地西2丁目3番1号
TEL:011-891-2731
FAX:011-892-6097
メール:koho@hokusei.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る