• トップ
  • リリース
  • 大切なのは、スポーツの振興――競技の枠を超える、本質を見抜く目 川淵 三郎 氏インタビュー(日本トップリーグ連携機構会長、大学スポーツ協会顧問)

プレスリリース

公益財団法人 笹川スポーツ財団

大切なのは、スポーツの振興――競技の枠を超える、本質を見抜く目 川淵 三郎 氏インタビュー(日本トップリーグ連携機構会長、大学スポーツ協会顧問)

(Digital PR Platform) 2019年12月18日(水)13時51分配信 Digital PR Platform

笹川スポーツ財団「スポーツ歴史の検証 スポーツの変革に挑戦してきた人びと」
川淵 三郎 氏 氏インタビュー「原動力の根底にあるスポーツへの愛情」

[画像1]https://digitalpr.jp/simg/1086/36654/512_396_201912171708235df88cf767315.jpg
▲ Bリーグオープニング記者会見で挨拶する JBA川淵会長(2012年)
©日本トップリーグ連携機構

「スポーツ・フォー・エブリワン」を推進する笹川スポーツ財団(所在地:東京都港区赤坂 理事長:渡邉一利 以下:SSF)では、日本のスポーツの歴史を築かれてきた方々のお話をもとにスポーツの価値や意義を検証し、あるべきスポーツの未来について考えるためのスペシャルサイト「スポーツ歴史の検証」を掲載しております。

2020年東京オリンピック・パラリンピックを来年に控えた本年度は、スポーツの変革に挑戦してきた人びとをテーマにインタビューを行っています。このたび、日本トップリーグ連携機構会長を務めておられる川淵三郎氏にご登場いただきます。

[画像2]https://digitalpr.jp/simg/1086/36654/500_333_201912171709395df88d43b6a3d.jpg
▲ Bリーグ初代チャンピオンに輝いた 栃木ブレックス
  (現宇都宮ブレックス、2017年)

サッカー選手として活躍した経歴を持つ川淵氏は、社団法人日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)初代チェアマンに就任し、選手の育成・強化およびガバナンスの両面で日本サッカー界を牽引されました。その後、2つに分裂していた日本バスケットボール界を統一し、日本トップリーグ連携機構(JTL)会長として、競技団体間の連携を円滑にするなど、組織運営の点からアスリート育成環境を整えられてきました。

競技経験の有無にとらわれることなく、その競技自体の、ひいてはスポーツ全体の振興を考えられる人材を育成し、登用することの大切さを自らの身をもって示した川淵氏。インタビュアーには、産経新聞特別記者兼論説委員の佐野慎輔氏をお迎えし、意義深いお話を引き出していただきました。


[画像3]https://digitalpr.jp/simg/1086/36654/550_305_201912171708565df88d1872844.jpg
▲ 日本バスケットボール協会三屋裕子新会長(右)就任記者会見(2016年)
  ©日本バスケットボール協会

[画像4]https://digitalpr.jp/simg/1086/36654/450_300_201912171709125df88d2884b32.jpg
▲ JTL川淵新会長のあいさつ(2015年)



【主な内容】


無縁だったバスケットボール界からの救いを求める声
「日本スポーツ界のために」の思いで奔走
JTL会長就任にこめられた“繰り返してはいけない過去”への思い

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 SSFでは、スポーツの価値や意義を検証し、あるべきスポーツの未来について考える機会として、鈴木大地氏、吉田沙保里氏、室伏広治氏など日本のスポーツの歴史を築かれてきた方々へのインタビュー記事『スポーツ歴史の検証』 を連載しています。
https://www.ssf.or.jp/history/tabid/811/Default.aspx

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

笹川スポーツ財団 スペシャルサイト
『スポーツ歴史の検証』
第87回
原動力の根底にあるスポーツへの愛情

川淵 三郎 氏

(「スポーツ歴史の検証」で検索ください!)

http://www.ssf.or.jp/ssf/tabid/813/pdid/284/Default.aspx

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

<プロフィール>
川淵 三郎(かわぶち さぶろう)氏
1936 年生まれ、大阪府出身。視野の広さに裏打ちされた判断力と経験により磨き抜かれた運営スキルを武器に、日本バスケットボール協会会長や日本トップリーグ連携機構会長としてスポーツ界の改革に多大な貢献をする。2019 年からは大学スポーツ協会(UNIVAS)顧問も務めている。

インタビュアー佐野 慎輔(さの しんすけ)氏
1954年生まれ、産経新聞客員論説委員、SSF理事/特別上席研究員。スポーツ記者を30年以上経験し、日本オリンピックアカデミー理事、野球殿堂競技者表彰委員を務める。

<スポーツ歴史の検証>概要
【企画制作】公益財団法人笹川スポーツ財団
【後 援】スポーツ庁、東京都、公益財団法人日本スポーツ協会、
 公益財団法人日本オリンピック委員会ほか
【特別協力】株式会社アシックス 
※本事業は『令和元年度スポーツ振興くじ助成』を受けて行われます。

【笹川スポーツ財団】
公益財団法人笹川スポーツ財団は、「スポーツ・フォー・エブリワン」を推進するスポーツ分野専門のシンクタンクです。国、自治体のスポーツ政策に対する提言策定や、スポーツに関する研究調査、データの収集・分析・発信を行い、「誰でも・どこでも・いつまでも」スポーツに親しむことができる社会づくりを目指しています。

■公益財団法人 笹川スポーツ財団について

名称  : 公益財団法人 笹川スポーツ財団
代表者 : 理事長 渡邉 一利
所在地 : 〒107-0052 東京都港区赤坂1-2-2 日本財団ビル3階
設立  : 1991年3月
目的  : スポーツ・フォー・エブリワンの推進
事業内容: ・生涯スポーツ振興のための研究調査
      ・生涯スポーツ振興のための研究支援
      ・生涯スポーツ振興機関との連携事業
      ・生涯スポーツ振興のための広報活動
URL   : http://www.ssf.or.jp/



本件に関するお問合わせ先
笹川スポーツ財団 広報担当:竹下、清水
TEL:03-6229-5300 info@ssf.or.jp


関連リンク
公益財団法人笹川スポーツ財団
https://www.ssf.or.jp/
笹川スポーツ財団 スペシャルサイト 『スポーツ歴史の検証』
https://www.ssf.or.jp/history/tabid/811/Default.aspx

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る