• トップ
  • リリース
  • 日本製鉄 認定NPO法人green birdとの共同取組み『第3回ごみ拾い活動』を名古屋にて開催

プレスリリース

日本製鉄株式会社

日本製鉄 認定NPO法人green birdとの共同取組み『第3回ごみ拾い活動』を名古屋にて開催

(Digital PR Platform) 2019年12月12日(木)18時12分配信 Digital PR Platform

日本製鉄株式会社(以下、日本製鉄)が協賛する「認定NPO法人green bird」との共同取り組み『第3回ごみ拾い活動』を、2019年12月4日(水)19時30分より名古屋市中区錦(栄広場)にて開催致しました 。
日本製鉄がgreen birdに協賛をしてから初めて製鉄所エリアでごみ拾い活動を実施致しました。総勢約50名が参加し、多くの人が行き交う夜の公園や繁華街などを清掃し、綺麗な街づくりに尽力いたしました。
(参考)認定NPO法人green birdとのごみ拾い活動実績
 2019年5月11日(土)原宿表参道エリア
 2019年9月 7日(土)渋谷エリア

【第3回ごみ拾い活動内容】
日にち     : 2019年12月4日(水)
ごみ拾いエリア : 名古屋市中区錦 栄広場周辺
参加者     : 認定NPO法人green birdからは名古屋チーム檀浦リーダー以下、
          日本製鉄からは名古屋製鉄所長谷川ブリキ部長を始めとするブリキ部員、
          品質管理部員などの社員が参加(合計約50名)
服装      : 日本製鉄、green bird共同で作成したオリジナルビブスを着用しながら清掃

名古屋製鉄所ブリキ部長 長谷川和成のコメント:
鉄はリサイクル率が高く、環境に優しい素材で、当社は鉄づくりを通して地球環境への取り組みを進めています。手法などは違っても環境美化の活動は重要であり、今後もお互い協力しながら取り組んでいきたい。

スチール容器の国内でのリサイクル率は93.4%(2017年度実績:スチール缶リサイクル協会調べ)と、各種素材製容器の中で最も高い率で回収、リサイクルされています。こうした高いリサイクル率を支える原点は、有限な資源をポイ捨てしないという個々人の地球にやさしい気持ちにあると考えます。日本製鉄は、こうした気持ちを同じくし、世界に広げようと活動するgreen birdとの 共同取り組みを通じて、当該活動に参加される方々に「鉄」は身近なものであることに気付いてもらい、「鉄」に親近感を持って頂けるような活動にしたいと考えています。
同時に、少しでも沢山の方に素材としての「鉄」ならびにスチール容器の価値・魅力(LCA・環境負荷優位性)を知ってもらえればと考えており、今後も継続的に共同取り組みを推進していきます。

「鉄」は、“何度でも何にでも生まれ変わることが出来る素材”です。

日本製鉄が提供する鉄鋼製品を用いた最終製品(自動車、船舶、建造物、家電製品、各種容器など)が寿命を迎えても、「鉄」の命は終わりません。「鉄」は磁石で選別されてスクラップとして回収され、その全てが再び鉄の原料にかえり、新たな鉄鋼製品によみがえります。回収された後、焼却されたり質の低いものにしか再生されない他素材と比べて、無限リサイクル(クローズド・ループ・リサイクル)を実現できている「鉄」は“環境に優しい素材のチャンピオン”と言えます。
持続可能な社会を構築するためには、製品のライフサイクル全体で環境負荷を考えることが重要です。造るとき、使うとき、リサイクルするときの全体で考えると、「鉄」は他素材と比較して最も環境負荷の低い地球に優しい素材です。日本製鉄はこれまでに、世界トップレベルの環境負荷の低い「鉄」の供給を通じて持続可能な社会の構築に貢献して参りました。
日本製鉄グループは、「鉄」を通じて常に世界最高の技術とものづくりの力を追求し、製品・サービスの提供を通じ、国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)の実現に向けて、社会の発展に貢献して参ります。

(参考1)認定NPO法人green bird
代  表 : 福田 圭祐
設  立 : 2002年(認定NPO法人許可取得:2018年12月)
主な活動 : 若者・子供を中心とした街の清掃(ごみ拾い)活動「ごみのポイ捨てカッコ悪いぜ!」
       などを通じて環境美化啓発を目的に、国内74箇所、海外15箇所を拠点をに活動中。
URL  : http://www.greenbird.jp/

(参考2)動画:「鉄は人と地球と共に」(日本製鉄制作)
        https://www.nipponsteel.com/company/video/lca.html


お問い合わせ先:総務部広報センター 03-6867-2146
以 上


[画像1]https://digitalpr.jp/simg/84/36575/500_62_201912121757045df200e0601f0.jpg


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る