• トップ
  • リリース
  • 日本製鉄 チタンローフィンチューブが漁船向け舶用冷凍機の熱交換器に採用

プレスリリース

日本製鉄株式会社

日本製鉄 チタンローフィンチューブが漁船向け舶用冷凍機の熱交換器に採用

(Digital PR Platform) 2019年12月10日(火)14時44分配信 Digital PR Platform

日本製鉄株式会社(以下、「日本製鉄」)のチタンローフィンチューブが、舶用冷凍・冷蔵機器のパイオニアである日新興業株式会社(本社:大阪市、代表取締役社長:千種成一郎)の漁船向け舶用冷凍機の熱交換器に、初めて採用されましたのでお知らせいたします。

チタンローフィンチューブは、チタン管表面に転造(*)でフィンを成形することによって通常管に比べ約2〜3倍の伝熱面積を実現した製品です。伝熱面積を増やしたことにより、熱交換(冷凍)能力のアップや熱交換器の省スペース化に寄与し、またチタンの持つ優れた耐食性により、海水やアンモニアなどの腐食しやすい冷媒を使った、舶用冷凍機の熱交換器や空調設備にも適用可能です。漁船などの舶用冷凍機の熱交換器において、冷媒の冷却、液化を担う凝縮器では海水を使用しています。この凝縮器において、冷媒と海水との間で熱交換を行う伝熱管に、フィン加工したチタン管を採用することによって、海水に対する耐食性と設備の省スペースの両方を兼ね備え、漁船冷凍機の信頼性向上と長寿命化に貢献します。

この数十年でマグロやカツオは世界的に消費量が増加しています。また漁獲鮮度向上のニーズもあり、漁船向け舶用冷凍機の需要は堅調に推移しています。チタンローフィンチューブは、2018年に本格的に販売開始してから、漁船4隻に採用されています。今後も舶用冷凍機用途だけでなく、漁港関連や食品関連、空調設備等での用途拡大を進めていきたいと考えています。

(*)「転造」:素材(チタン管)に強い力を加えて盛り上げて成形する金属加工方法(塑性加工)

(参考1)チタンローフィンチューブ
[画像1]https://digitalpr.jp/simg/84/36524/700_558_201912101437225def2f12b9e27.jpg

(参考2)海外まき網漁船(写真提供:福一漁業(株) 第八十三福一丸)
[画像2]https://digitalpr.jp/simg/84/36524/700_370_201912101437335def2f1d6b11d.jpg

(参考3)舶用冷凍機・原理図
[画像3]https://digitalpr.jp/simg/84/36524/700_353_201912101437435def2f2792f74.jpg

(チタンローフィンチューブ カタログ)
https://www.nipponsteel.com/product/catalog_download/pdf/T104je.pdf

お問い合わせ先:総務部広報センター 03-6867-2977


[画像4]https://digitalpr.jp/simg/84/36524/500_62_201912101437515def2f2faf27a.jpg


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る