• トップ
  • リリース
  • 【東芝】日本人ゲノム解析ツール「ジャポニカアレイNEO」を用いたゲノム解析サービスを開始

プレスリリース

【東芝】日本人ゲノム解析ツール「ジャポニカアレイNEO」を用いたゲノム解析サービスを開始

(Digital PR Platform) 2019年12月02日(月)14時09分配信 Digital PR Platform

当社は、日本人ゲノム解析ツール「ジャポニカアレイ®」の新しいラインナップとして、日本人に特有の疾患関連SNP(スニップ)注1を増強した「ジャポニカアレイ®NEO」を用いたサービスを、本日から開始します。

「ジャポニカアレイ®NEO」は、高品質かつコスト競争力のある米・サーモフィッシャーサイエンティフィック社製のAxiom™ プラットフォームを採用し、Life Technologies Corporation, part of Thermo Fisher Scientific Inc.が東北大学よりライセンスを受けて製造・販売しています注2。

当社はこれまでに、大学や病院臨床部門、製薬企業などの研究機関向けに「ジャポニカアレイ®」を用いたゲノム解析サービスを2014年12月注3から開始し、2017年10月からは、ヒトの免疫に関わるHLA注4領域および疾病関連のSNPを増強した「ジャポニカアレイ®v2」を用いたサービスを開始注5してまいりました。

当社は、「ジャポニカアレイ®NEO」を用いたゲノム解析サービスを研究機関に提供することにより、日本人の疾病や形質等と、遺伝子を構成するDNA配列の個体差である遺伝子多型との関連性を解明する研究を進展させ、個別化予防・個別化医療の実現のさらなる加速やこの分野における日本の国際競争力向上に引き続き貢献してまいります。

なお、「ジャポニカアレイ®」および「ジャポニカアレイ®v2」を用いた解析サービスは今後も継続し、目的に応じて利用できるようにします。


注1 個人間の遺伝情報のわずかな違いのことで、一塩基多型ともいう。ヒトが保有する約30億の塩基対(遺伝情報は塩基と呼ばれる4つの化学物質が2つずつ対になる形で保存されている)の配列には人種や個人間で異なる部分があり、1つの塩基だけが別の塩基に置き換わっているものをSNPという。
注2 「ジャポニカアレイ®NEO」に関するサーモフィッシャーサイエンティフィックジャパングループのプレスリリース
   URL: https://www.thermofisher.com/jp/ja/home/about-us/news-gallery/release/2019/pr091719.html
注3 ジャポニカアレイ®サービス開始時のプレスリリース
URL:http://www.toshiba.co.jp/about/press/2014_12/pr_j0101.htm
注4 赤血球の血液型(A型、B型、AB型、O型)があるように、白血球をはじめとする全身の細胞には、HLA(human    
leukocyte antigen:ヒト白血球抗原)と言われる型があります。自分と他者を識別するという大切な機能を持つ抗原で、体の防衛機能(免疫反応)の主役をつとめています。
注5 ジャポニカアレイ®v2サービス開始時のプレスリリース
URL:http://www.toshiba.co.jp/genome/info/20171027-1.htm

※ジャポニカアレイ®は、国立大学法人東北大学の商標登録です。
※Axiom™は、サーモフィッシャーサイエンティフィック社の商標です。Journal of Thoracic Oncology 14,212-222 (2019)


本件に関するお問合わせ先
広報・IR室 小林 03-3457-2100

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る