• トップ
  • リリース
  • 2019年度7大学連携スポーツ・リベラルアーツ講座概要 -- スポーツを通じた社会貢献 --

プレスリリース

2019年度7大学連携スポーツ・リベラルアーツ講座概要 -- スポーツを通じた社会貢献 --

(Digital PR Platform) 2019年11月29日(金)02時05分配信 Digital PR Platform



7大学(神田外語大学、慶應義塾大学、上智大学、筑波大学、東京大学、立教大学、早稲田大学)が主催し、スポーツを軸に大学領域を越えた社会・人文・自然科学分野の幅広い教養・教育について考え、グローバル社会で活躍できる教養人育成を目指しています。




◆2019年度7大学連携スポーツ・リベラルアーツ講座概要−スポーツを通じた社会貢献−
・主催:7大学連携スポーツ・リベラルアーツ講座実行委員会
 (神田外語大学、慶應義塾大学、上智大学、筑波大学、東京大学、立教大学、早稲田大学)

・開催日程:
<1日目> 2019年11月30日(土)09:00〜18:00
[会 場] 東京大学 (駒場地区キャンパス)
[テーマ] グローバル社会におけるスポーツの多様性
[講 義] 人間拡張工学による新しいスポーツの創造 
 東京大学先端科学技術研究センター・教授 稲見 昌彦
[講 義] 東京2020大会に向けたアスリートの暑さ対策 
 立教大学コミュニティ福祉学部・特任准教授/株式会社ウェザーニューズスポーツ気象チーム 中村 大輔

[講義・グループワーク1] スポーツ創造体験とディスカッション 
 東京大学先端科学技術研究センター・教授 稲見 昌彦
[講義・グループワーク2] スポーツと技芸に共通する身体スキル 
 東京大学情報学環・准教授 工藤 和俊


<2日目> 2019年12月01日(日)09:00〜17:00
[会 場] 筑波大学 (附属中学校・高等学校)
[テーマ] 東京2020大会の意義や21世紀のスポーツ
[講 義] ラグビーワールドカップを終えて 
 神田外語大学ボランティアセンター・教授 徳増 浩司
[講 義] スポーツツーリズムの観点から考察する東京2020大会 
 早稲田大学スポーツ科学学術院・教授 木村 和彦
[講 義] 国際スポーツイベントにおけるおもてなしの心        
 筑波大学・客員教授 江上 いずみ

[講義・グループワーク1] 視覚障害者サポート方法とガイドランナー紹介 
 筑波大学特別支援教育連携推進グループ/筑波大学附属視覚特別支援学校教諭 佐藤 北斗
[講義・グループワーク2] パラスポーツを通じた多様性理解 
 上智大学 学生団体ソフィアオリンピック・パラリンピック学生プロジェクト


・対象:神田外語大学、慶應義塾大学、上智大学、筑波大学、東京大学、立教大学、早稲田大学に所属の学生

 ===申し込みは締め切りました===

・講座内容:

 詳細は以下のサイトをご覧ください。

 http://7universities-sla.mystrikingly.com/

▼本件に関する問い合わせ先
東京大学教養学部広報・情報企画係
麻生
TEL:03-5454-6306
メール:aso.kuniko@mail.u-tokyo.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る