• トップ
  • リリース
  • ギリアド・サイエンシズ、アジアのHIV陽性者の QOL向上活動に100万米ドル以上を支援

プレスリリース

ギリアド・サイエンシズ株式会社

ギリアド・サイエンシズ、アジアのHIV陽性者の QOL向上活動に100万米ドル以上を支援

(Digital PR Platform) 2019年11月28日(木)13時00分配信 Digital PR Platform

アジア太平洋圏の地域団体から136件以上の応募

ギリアド・サイエンシズ(本社:米カリフォルニア州フォスターシティ、ナスダック:GILD、以下「ギリアド」)は11月28日香港にて、アジア太平洋圏のHIV陽性者を支援する地域主導の活動団体に資金援助をする「ギリアド・アジア太平洋・レインボー・寄附プログラム」の2019年度受領者を発表しました。今年度のプログラムでは、アジア太平洋圏各地からの40近くのプロジェクトに対し、合計140万米ドルを提供します。

2018年に始動したギリアド・アジア太平洋・レインボー・寄附プログラムは、地域主導のHIV関連活動を直接的に支援するプログラムです。本プログラムは、アジア太平洋圏における官民連携を強化し、HIV感染症の困難に直面する地域を支援することを目的としたギリアドの取り組みの一環として実施しています。

2019年度のギリアド・アジア太平洋・レインボー・寄附プログラムは、HIV感染症撲滅に向けて国際連合エイズ合同計画(UNAIDS)が設定したグローバルの目標「90−90−90」を補完する「4つ目の90」の実現を加速することを目指しています。UNAIDSによる目標は、HIV陽性者の90%が診断され、診断された人の90%が治療を受け、治療を受けた人の90%がウィルス抑制を達成することです。「4つ目の90」は、HIV陽性者の90%が良好なQOL(生活の質)を得られることを目指すものです1。

「HIV感染症は、その陽性者の健康や福利全般に影響を及ぼす大きな要素の1つです。」とギリアドの広報担当シニア・バイス・プレジデントであるエイミー・フラッド(Amy Flood)は述べています。「アジア太平洋・レインボー・寄附プログラムは、HIV陽性者が質の高い生活を送ることができるよう、ウィルス抑制以外に様々な観点から支援し、メンタルヘルスやHIV感染症に関連する差別を含め、HIV感染症がQOLに影響しうる多様な点において、地域主導の活動団体が中心的な役割を担っていることに着目したプログラムです。」

今年度は、アジア太平洋圏の各地域から合計136件の応募がありました。その中で提案されていた各種プロジェクトは、「治療へのアクセスとQOL」、「多職種連携医療」、「ダイバーシティ&インクルージョン」という3つのアンメット・ニーズに焦点を当てたものでした。

プログラムが採用された特定非営利活動法人 akta の岩橋恒太 理事長は以下のように述べています。
「このたびはギリアド・アジア太平洋・レインボー・寄附プログラムを賜りました事、非常に嬉しくかつ光栄に感じております。私たちaktaは2003年より、HIV/AIDS情報発信施設コミュニティセンターのある新宿から情報を発信し、地域社会に根差したAIDS予防の対策に従事してまいりました。今回受領した寄附金にて、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、日本のHIV/AIDSの現状についての発信と、在日外国人及び外国人旅行者のMSM向けHIV検査へのアクセスの向上を目的とした啓発啓蒙活動やイベントの企画運営を行ってまいります。」

Beyond viral suppression of HIV – the new quality of life frontier (2016)


https://bmcmedicine.biomedcentral.com/articles/10.1186/s12916-016-0640-4

ギリアド・サイエンシズについて
ギリアド・サイエンシズ・インクは、医療ニーズがまだ十分に満たされない分野において、革新的な治療を創出、開発、製品化するバイオファーマ企業です。会社の使命は、生命を脅かす病を抱える世界中の患者さんのために医療を向上させることです。カリフォルニア州フォスターシティに本社を置き、世界35か国以上で事業を行っています。

ギリアドは30年以上にわたり、HIV感染症領域のイノベーターとして、HIV感染症の治療、予防、および治癒に向けた研究を行ってきました。世界には現在、1,200万人以上のHIV陽性者がギリアド社またはそのジェネリック医薬品製造パートナーが提供する抗レトロウイルス剤を服用しています。

ギリアド・サイエンシズに関する詳細は、www.gilead.comをご覧ください。

ギリアド・アジア太平洋・レインボー・寄附プログラム
ギリアド・アジア太平洋・レインボー・寄附プログラムは、HIV感染症の困難に直面する地域の諸課題に取り組む各種HIV関連プロジェクトを支援するギリアドのプログラムです。本プログラムは、HIV陽性者が可能な限り良質なQOLを得られるよう、様々なパートナーシップや提携を結び、支持することを目的としています。2018年以来、アジア太平洋圏における60以上のプロジェクトに、累計300万米ドル近くを支援してきました。本プログラム、受領者一覧、各受領者の活動の詳細については、https://www.gileadrainbowgrant.com
をご覧下さい。


本件に関するお問合わせ先
ギリアド・サイエンシズ株式会社 広報部 
E-mail: JPPublic.Affairs@gilead.com
TEL:03-6837-0790
FAX:03-5224-5270

関連リンク
ギリアド・サイエンシズ株式会社
http://www.gilead.co.jp/

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る