• トップ
  • リリース
  • 寝屋川市農業まつりで学生が協働開発したお酒「初瀬姫」が完売

プレスリリース

寝屋川市農業まつりで学生が協働開発したお酒「初瀬姫」が完売

(Digital PR Platform) 2019年11月26日(火)14時05分配信 Digital PR Platform



摂南大学(大阪府寝屋川市)は11月17日、寝屋川市の打上川治水緑地で開催された「第38回寝屋川市農業まつり」に出店。PBLプロジェクトの学生らが酒造会社の八木酒造と協働開発し、「ワガヤネヤガワ・ベンチャービジネスコンテスト2018」でグランプリを受賞したサツマイモとみかんピールのお酒「初瀬姫(はつせひめ)」を同社とともに販売した。商品は会場に集まった来場者の人気を博し、ブースには多くの来場者が詰めかけ、用意した105本を完売した。




 このまつりは都市農業の重要性について理解を深め、市民が農業に触れる機会として毎年開催されている。
 当日は、同市の農家が育てた野菜、郷土銘菓の販売やお米のすくい取りなどが行われ、やや肌寒い午前9時の開会から会場は多くの来場者で賑わいを見せた。

 学生らは同コンテストコーナーのブースで商品を販売。周辺を通りかかる来場者に声を掛けるだけでなく、広い会場で販売促進につなげようと商品チラシを片手に来場者にPRを行ったり、お酒の香りを感じてもらおうとお湯割りで試飲ができるようにするなど工夫した結果、商品を求めるお客さんでブース前に行列ができる盛況ぶりとなった。



 イベント終了前に105本(1本1000円)が完売すると、学生から思わず歓声があがった。
 ブースで商品のPRを行った学生らは「多くの方に商品を買っていただけました。これを機に市民の皆さんに商品を知っていただければ嬉しいです」「今後はシソなどの他の寝屋川の特産品を使った商品開発にも取り組んでみたいです」と今後の取り組みに意欲を見せた。

▼本件に関する問い合わせ先
学校法人常翔学園 広報室
笹部・上田
住所:大阪府寝屋川市池田中町17-8
TEL:072-800-5371


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る