• トップ
  • リリース
  • 酪農学園大学の金子正美教授がGISを用いて台風19号による洪水状況を可視化

プレスリリース

酪農学園大学の金子正美教授がGISを用いて台風19号による洪水状況を可視化

(Digital PR Platform) 2019年11月12日(火)14時05分配信 Digital PR Platform



酪農学園大学(北海道江別市)農業環境情報サービスセンターの金子正美教授(環境GIS研究室)は、台風19号による各地の洪水の状況をGIS(Geographic Information System / 地理情報システム)を用いて可視化するシステムを構築。米国PLANET社の人工衛星「DOVE」の画像による洪水被害の状況を、米国ESRI社によるテキストや画像などを用いて地図を作成するアプリ「StoryMaps」を用いて公開している。




 このシステムでは、2019年10月に各地に大きな被害をもたらした台風19号について、洪水前後の衛星画像を画面中央のバーを移動させることにより、浸水域を確認できる。また、大きく拡大すると背景図の地形図が現れ、地名を確認することができる。
 公開地域は以下の通り。


■宮城県吉田川(大和町、大郷町、大崎市、松島町)
 https://rakuno-gis.maps.arcgis.com/apps/StorytellingSwipe/index.html?appid=59128b6637c547f7ac98f43d6e4de4cf#


■宮城県阿武隈川(角田市、丸森町、柴田町、大河原町、亘理町、山元町、岩沼市、名取市)
 https://rakuno-gis.maps.arcgis.com/apps/StorytellingSwipe/index.html?appid=e62dc0669b6c483ba9942f123c3d340b#


■福島県阿武隈川(須賀川市、鏡石町、矢吹町、玉川村、中島村、石川町)
 https://rakuno-gis.maps.arcgis.com/apps/StorytellingSwipe/index.html?appid=7421ad4eb6c241ee9738c0c581c435f0


■埼玉県入間川(深谷市、熊谷市、鴻巣市、坂戸市、川越市)
 https://rakuno-gis.maps.arcgis.com/apps/StorytellingSwipe/index.html?appid=4268dd1c5f734a579e8b75057be3852c#


■茨城県那珂川(常陸大宮市、城里町、那珂市、水戸市)
 https://rakuno-gis.maps.arcgis.com/apps/StorytellingSwipe/index.html?appid=7a473d3a2e4a4bd4869e2ab3cf5f71c4#


・大学HP記事

 https://www.rakuno.ac.jp/article-65000.html


(参考記事)

・酪農学園大学の金子正美教授らが胆振東部地震による被害状況を示す地図を作製 -- 厚真町や安平町に無償提供(2018.10.01)

 https://www.u-presscenter.jp/2018/10/post-40156.html


▼本件に関する問い合わせ先
 酪農学園大学農業環境情報サービスセンター
 TEL: 011-388-4864
 E-mail: gisday@rakuno.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る