• トップ
  • リリース
  • 東京大学大学院農学生命科学研究科 附属生態調和農学機構 学術セミナー「生産農学におけるデータサイエンスの展開と人材育成」を開催

プレスリリース

東京大学大学院農学生命科学研究科 附属生態調和農学機構 学術セミナー「生産農学におけるデータサイエンスの展開と人材育成」を開催

(Digital PR Platform) 2019年11月07日(木)08時05分配信 Digital PR Platform



東京大学大学院農学生命科学研究科ではこのたび、「生産農学におけるデータサイエンスの展開と人材育成」をテーマとした公開セミナーを開催いたします。生態調和農学機構で行われている研究とその発展の可能性を学内外に広く紹介することを目指しています。これからデータサイエンス研究を推進したいとお考えの教員、研究者、学生の方々の参加をお待ちしております。日程は12月11日(水)13:30〜17:00です。どなたでもご参加いただけます。多くの方のご来場をお待ちしております。




・テーマ:「生産農学におけるデータサイエンスの展開と人材育成」
・日 時:2019年12月11日(水)13:30〜17:00(13:00 受付開始)

・プログラム:
1.「開会挨拶」
 農学生命科学研究科 研究科長 教授 堤 伸浩
2.「大学で考えるデータサイエンス」
 生態調和農学機構 副機構長 河鰭 実之
3.「ビッグデータを活用した農業支援ソリューション」
 トヨタ自動車株式会社 アグリバイオ事業部 GM 榎 宏征
4.「作物育種とデータサイエンス」
 農研機構農業情報研究センター 統括調整役兼主席研究員 矢野 昌裕
5.「フィールドフェノミクス研究の取組と農業への応用」
 生態調和農学機構 助教 郭 威
6. 「フィールドトランスクリプトーム解析と農業への応用」―野外環境に応答する遺伝子発現情報を農業に利用しちゃおう!―
 農学生命科学研究科 教授 井澤 毅
7.「農業機械から農業ロボットへ」
 農学生命科学研究科 准教授 海津 裕
8.「パネルディスカッション」
9.「閉会挨拶」
 生態調和農学機構 機構長 教授 柴田 道夫

・場 所:東京大学農学部フードサイエンス棟・中島董一郎記念ホール
・参加費:無料
・事前登録:不要
・定 員:78名(当日受付・先着順)
 ※定員を超えた場合、入場をお断りすることがあります。
・対 象:一般(どなたでも参加いただけます。)
・主 催:東京大学大学院農学生命科学研究科 附属生態調和農学機構
・後 援:東京大学大学院農学生命科学研究科 生産・環境生物学専攻

※セミナー終了後の懇親会(1人 3000円 当日支払い)に参加される場合は、事前申し込みが必要です。生態調和農学機構事務室 【 admin@isas.a.u-tokyo.ac.jp 】 へ、メールタイトル「学術セミナー懇親会」で 12月2日(月)までに所属・氏名をお知らせください。

【アクセス】
 東京メトロ南北線 「東大前」下車 徒歩1分
 東京メトロ千代田線 「根津」下車 徒歩7分
 ※お車でのご来場はご遠慮ください
 ※アクセスマップ https://www.a.u-tokyo.ac.jp/campus/overview.html

▼本件に関する問い合わせ先
生態調和農学機構 事務室
住所:〒188-0002 東京都西東京市緑町1-1-1
TEL:042-463-1611
メール:admin@isas.a.u-tokyo.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る