• トップ
  • リリース
  • 青山学院大学学長選任について 文学部史学科教授 阪本 浩(さかもと ひろし)を次期学長に選任

プレスリリース

青山学院大学学長選任について 文学部史学科教授 阪本 浩(さかもと ひろし)を次期学長に選任

(Digital PR Platform) 2019年10月25日(金)14時05分配信 Digital PR Platform



2019年10月24日(木)開催の学校法人青山学院理事会において、2019年12月15日(日)をもって任期満了となる三木義一学長の後任として、阪本 浩(現副学長・文学部史学科教授)を、次期青山学院大学学長に選任いたしました。任期は2019年12月16日〜2023年12月15日までの4年間。




【阪本 浩 SAKAMOTO,HIROSHI 略歴】
 1954(昭和29)年生まれ 65歳

■学歴
 1978年 3月 青山学院大学 文学部 史学科 卒業
 1980年 3月 東北大学大学院文学研究科西洋史学専攻 博士課程前期二年の課程修了
 1980年 3月 文学修士(東北大学)
 1982年 5月 東北大学大学院文学研究科西洋史学専攻 博士課程退学



 専門分野:古代ローマ史
                         
■主な職歴・役職等
 1985年 4月 青山学院大学 文学部 史学科 専任講師
 1990年 4月 青山学院大学 文学部 史学科 助教授
 1999年 4月 青山学院大学 文学部 史学科 教授
 2016年 4月 青山学院大学 文学部長、大学院文学研究科長
 2017年12月 青山学院大学 副学長
 2017年12月 青山学院大学 青山スタンダード教育機構機構長
 2018年12月 青山学院評議員



■所属学会ならびに団体
 西洋史研究会、東北史学会、日本西洋史学会、日本西洋古典学会、古代世界研究会、キリスト教史学会

■主な研究業績等
 著書(翻訳) エイドリアン・ゴールズワーシー著『アントニウスとクレオパトラ』上、下 2016年7月(白水社)
 著書(共著)『スペイン史 1.古代〜近世』(関 哲行,立石博高,中塚次郎編)
       「第1章 古代のイベリア半島」2008年7月『世界歴史大系』(山川出版社)
 著書(共著)『王の表象―文学と歴史・日本と西洋』(渡辺節夫編)
       「第1章 皇帝にふさわしい人物―ローマ元老院貴族の皇帝観」 
        2008年3月『青山学院大学総合研究所叢書』(山川出版社)
                               他 著書・論文多数




▼取材に関する問い合わせ先
 青山学院大学 政策・企画部 大学広報課
 TEL: 03-3409-8159
 URL: https://www.aoyama.ac.jp/companies/interview.html


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る