プレスリリース

高雄市政府農業局

今すぐ行きたい!高雄市の魅力的な「農村体験」

(Digital PR Platform) 2019年10月24日(木)12時47分配信 Digital PR Platform

日本、大阪- Media OutReach - 2019年10月24日 – 高雄市政府農業局は、農村体験のプロモーションに全力を挙げています。「高雄市1日農家体験」は、果物狩りや農業体験が楽しめる旅行プランであり、より深く農村を体験できることが特徴です。那瑪夏区のホタル観賞シーズンや、宝来温泉の梅の花が咲くシーズン、大樹区のパイナップル・ライチフェスティバルなど、地域の特徴を生かした季節の観光プログラムは、国内外の観光客から大変人気があります。高雄市は年間を通じて果物狩りに適しており、六亀区の金煌マンゴーや蓮霧(ワックスアップル)、旗山区のバナナ、燕巣区のグアバ、大樹区のパイナップル、美濃区のチェリートマトや、特にマンゴーとバナナは、日本人観光客に人気です。

[画像1]https://digitalpr.jp/simg/1602/35562/700_525_201910241210085db116108f15d.jpg
高雄市農村ツアーの問い合わせをする多くの日本人客

今年の「高雄市1日農家体験」は、日本人観光客向けに冬と春のプログラムをご用意します。旗山区ではウコンの手掘りやウコン料理の試食、旗山区ではライチの木の食器作り、那瑪夏区ではホタル観賞に加え、地場の食事や手作りピザ、杉林区ではパッションフルーツ狩りや地元農家特製の食事、藍染体験が楽しめます。名古屋でのプロモーションでは、これらのプログラムは中部日本の旅行会社から好評を得ました。スロートラベル(ゆったりとした旅)と本格的な体験が好まれる最近の旅行トレンドに応じて、外国での買い物プログラムよりも、地元の体験プログラムのほうが徐々に多くなっています。そして何より、台湾と日本はそれほど離れておらず、台湾の人々はフレンドリーで熱心です。このような背景から、台湾を訪れる日本人の数は毎年確実に増加しています。

高雄市農業局の呉芳銘局長によると、大樹区や旗山区などの農村は高雄市中心部から車でわずか30分ほど。「高雄市1日農家体験」では、団体客の受け入れのほか、個人観光客向けの専用プログラムも提供しています。高雄市では1年中いつでも果物狩りを楽しむことができ、農村地区のパートナーが提供するさまざまなDIY体験にも参加できます。さらに詳しい情報は、odfkcg@gmail.com までお問い合わせください。


本件に関するお問合わせ先
お問い合わせ:ゲイル・リン(Gail Lin)
Eメール:odfkcg@gmail.com

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る