• トップ
  • リリース
  • 2021年の縄文遺跡群の世界遺産登録をつかみ取ろう! 青森県、「世界最大の縄文手形のペーパーメッセージ」でギネス世界記録認定!

プレスリリース

2021年の縄文遺跡群の世界遺産登録をつかみ取ろう! 青森県、「世界最大の縄文手形のペーパーメッセージ」でギネス世界記録認定!

(Digital PR Platform) 2019年09月27日(金)14時00分配信 Digital PR Platform

「北海道・北東北の縄文遺跡群」の世界遺産登録に向けた気運醸成のため、「世界最大の縄文手形のペーパーメッセージ(※正式名称:Largest paper hand sentence)」を制作

 青森県は、「北海道・北東北の縄文遺跡群」の世界遺産登録に向けた気運醸成のため、9/14(土)にギネス世界記録に挑戦した。
 挑戦概要は、「世界最大の縄文手形のペーパーメッセージ(※正式名称:Largest paper hand sentence)」。縄文時代の出土品である手形付き土製品をモチーフにした「ペーパーハンド」を特製シートに貼り付け巨大ペーパーメッセージを制作した。
 ペーパーハンドは、「2021年」の世界遺産登録をめざしていることから、「2021個」以上を目標とし、8月から三内丸山遺跡と小牧野遺跡への来訪者の協力を得て手形を集めた。集まった手形は、3分の2程度に縮小した後並べて、「つかめ!縄文2021年の世界遺産登録!」と文章を作り、縦3.6メートル、横6.7メートルのペーパーメッセージに仕上げた。
 その集大成として、9/14(土)に三内丸山遺跡でギネス世界記録挑戦イベントを実施。地元のアイドル「RINGOMUSUME」が最後の4枚のペーパーハンドをそれぞれ特製シートに貼り、ペーパーメッセージが完成。「2,476個」のペーパーハンドがカウントされ、見事ギネス世界記録に認定された。
 ギネス世界記録公式認定員による判定結果が発表された瞬間、三村知事と集まった来場者たちからは、その歴史的な瞬間に、割れんばかりの拍手と大きな歓声が沸き上がった。
 完成したペーパーメッセージは、三内丸山遺跡の縄文時遊館に展示されている。
 青森県のギネス世界記録挑戦は、2017年の「世界最大の考古学授業(※正式名称:Largest archaeology lesson)」、2018年の「世界最大の猪形土製品の折り紙オブジェ(※正式名称:Largest display of origami pigs / boars)」に続いて、3年連続3回目。
 青森県では、今後も2021年の世界遺産登録に向けて、縄文遺跡群をPRしていく。

[画像1]https://digitalpr.jp/simg/1400/35074/300_200_201909262031075d8ca17b9d0df.jpg
 [画像2]https://digitalpr.jp/simg/1400/35074/300_201_201909262031115d8ca17f38542.jpg

[画像3]https://digitalpr.jp/simg/1400/35074/300_200_201909262031125d8ca180c179a.jpg
 [画像4]https://digitalpr.jp/simg/1400/35074/300_200_201909262031145d8ca18239406.jpg

[画像5]https://digitalpr.jp/simg/1400/35074/300_200_201909262031155d8ca183ae82f.jpg
 [画像6]https://digitalpr.jp/simg/1400/35074/300_201_201909262031175d8ca1851d6de.jpg

[画像7]https://digitalpr.jp/simg/1400/35074/600_400_201909262031185d8ca186d27b4.jpg



本件に関するお問合わせ先
青森県企画政策部 世界文化遺産登録推進室

TEL:017-734-9183
FAX:017-734-8128
MAIL:sekaiisan@pref.aomori.lg.jp

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る