• トップ
  • リリース
  • 金沢工業大学写真部が大学対抗の風景写真競技会「西日本フォトマッチインカレ2019」で初優勝。漂着物のある砂浜などストーリー性のある風景写真に評価

プレスリリース

金沢工業大学写真部が大学対抗の風景写真競技会「西日本フォトマッチインカレ2019」で初優勝。漂着物のある砂浜などストーリー性のある風景写真に評価

(Digital PR Platform) 2019年08月29日(木)14時05分配信 Digital PR Platform



「西日本フォトマッチインカレ2019」は、大阪経済大学、大阪工業大学、金沢工業大学、関西学院大学、甲南大学、同志社大学、佛教大学、立命館大学の8大学が参加して、令和元年8月24日(土)、大阪経済大学A館フレアホール(大阪市東淀川区)で開催されました。スイスドロー方式で行われた1回戦、2回戦を経て、金沢工業大学、大阪工業大学、大阪経済大学、同志社大学の4大学が決勝トーナメントに進出。金沢工業大学は決勝トーナメント準決勝で大阪工業大学と対戦し、3対0で勝利。決勝戦は同志社大学と対戦し、3対1で3人先勝し、見事、初優勝しました。




 競技は8月3日から8月16日までの期間に、出場大学が立地する大阪、兵庫、京都、滋賀、石川の2府3県で撮影した風景写真を使い、5人1組のチーム対抗戦で行います。1対1で写真をスクリーンに映し出し、3名の審査員による紅白の旗による判定で、2本以上旗が上がった選手の勝ち。これを、選手を替えて繰り返し、3人先勝したチームが勝ちとなります。スクリーンに映し出す写真は同じ写真は使えず、どの順番でどの写真を映し出すかは運動部の対抗戦同様に、チームワークやマネジメント能力が求められます。

■写真部部長 高橋遼さん(情報フロンティア学部メディア情報学科4年) のコメント
 (高橋さんの「高」ははしごだか)
 前回は5位でしたが、今回は後輩たち5名で優勝してくれたのでとてもうれしいです。昨年の優勝校の甲南大学と1回戦で当たりましたが、勝てたことで波に乗れました。他大学が関西の風景写真が多かったのに対して、金沢工業大学は石川県内の風景を撮影しました。同じ海でも漂着物でいっぱいになった砂浜の風景写真など、ストーリー性を評価していただいたのではないかと思っています。

○金沢工業大学 写真部
 建築学科1年 岡田 大蔵(おかだ たいぞう)さん
 電気電子工学科1年 松田 海辰(まつだ かいと) さん ※風景写真賞受賞
 経営情報学科2年 笹川 国之 (ささがわ くにゆき)さん
 環境土木工学科2年 虎澤 叡輝(とらさわ えいき)さん
 機械工学科1年 遠藤 圭悟(えんどう けいご)さん

○審査員
・月刊『フォトコン』編集長 藤森 邦晃氏
・写真家 星野 佑佳氏
・隔月刊『風景写真』編集長 石川 薫氏

●「西日本フォトマッチインカレ2019」について
・主催:月刊『フォトコン』(株式会社日本写真企画)・隔月刊『風景写真』(株式会社風景写真出版)、産業能率大学経営学部 水島章広教授
・協賛企業:ニコン、マウスコンピューター、ソニー、リコーイメージング、富士フイルム、オリンパス、大日本印刷、ベルボン、マルミ、サンディスク、ヴァイテックイメージング、ハクバ
・協力:日本学生写真部連盟

▼本件に関する問い合わせ先
金沢工業大学 広報課
住所:石川県野々市市扇が丘7-1
TEL:076-246-4784
FAX:076-248-7318
メール:koho@kanazawa-it.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る