• トップ
  • リリース
  • 海洋土木関連事業での技術革新をめざす。革新的な水中機器給電用ケーブルとフロートの共同開発に着手。金沢工業大学と電線事業を手掛ける株式会社三ッ星(大阪市)

プレスリリース

海洋土木関連事業での技術革新をめざす。革新的な水中機器給電用ケーブルとフロートの共同開発に着手。金沢工業大学と電線事業を手掛ける株式会社三ッ星(大阪市)

(Digital PR Platform) 2019年08月27日(火)20時05分配信 Digital PR Platform



金沢工業大学大学院工学研究科高信頼ものづくり専攻の佐藤隆一教授(専門:流体力学、水中航走体)と電線、樹脂成形品・高機能チューブ、電熱線などの事業を手掛ける株式会社三ッ星(本社:大阪市中央区)は、このたび革新的な水中ケーブルに関する共同開発を始めます。




 しなやかで、軽く、細径化された耐張力性のある水中機器給電用ケーブルの開発、及び中性浮力をもったフロート(浮き)の素材、形状に関する開発を共同で進め、海洋土木関連事業への技術革新に挑戦します。


*株式会社三ッ星におけるこれまでの取り組みは、8月29日(木)に大阪産業創造館3Fマーケットプラザで開催される「新生!三ッ星スタート展〜100年の歩みと新たな挑戦〜」で披露されます。



▼本件に関する問い合わせ先
金沢工業大学 広報課
住所:石川県野々市市扇が丘7-1
TEL:076-246-4784
FAX:076-248-7318
メール:koho@kanazawa-it.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る