• トップ
  • リリース
  • 流れの可視化に革命!!紫外線によって光る蛍光マーカー「Lumisis Marker(R)」を共同開発 ハレーションなく精密計測可能に

プレスリリース

流れの可視化に革命!!紫外線によって光る蛍光マーカー「Lumisis Marker(R)」を共同開発 ハレーションなく精密計測可能に

(Digital PR Platform) 2019年08月02日(金)14時05分配信 Digital PR Platform



摂南大学(大阪府寝屋川市)理工学部機械工学科流体システム工学研究室(堀江昌朗教授)とセントラルテクノ株式会社(大阪市中央区)は紫外線によって蛍光し、流体に混ぜて流れを可視化する紫外線励起蛍光マーカー「Lumisis Marker(R)(ルミシスマーカー)」<特許出願中>を共同開発した。




 本品は紫外線レーザーなどの1つの光源で照射すると粒子が異なる色に蛍光することが特長で、粒子を丸くすることで流れに沿った精密な計測が可能となる。また、不可視光の紫外線で光るため従来の粒子追跡法に比べてハレーションを生じることが少なく、より詳細な粒子の流れを可視化することができる。このほか、1つの光源で赤、青、緑の光の3原色に蛍光する本製品の特長を生かし、異なる流体の混ざり合う過程を可視化することができ、また、成分の調合により必要に応じたさまざまな色に蛍光する粒子を利用できるというメリットを持ち合わせている。「見たいものだけが可視化される」という新たな粒子追跡法を見いだした本品の開発により、今後はこれまで困難であったさまざまな条件での流れの可視化が可能になると期待される。

▼本件に関する問い合わせ先
 学校法人常翔学園 広報室 大野・笹部
 大阪府寝屋川市池田中町17-8
 TEL: 072-800-5371

【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る