• トップ
  • リリース
  • 京王プラザホテル「懐石<蒼樹庵> 料理長 佐々木英樹が贈る重陽の節句」

プレスリリース

株式会社京王プラザホテル

京王プラザホテル「懐石<蒼樹庵> 料理長 佐々木英樹が贈る重陽の節句」

(Digital PR Platform) 2019年08月07日(水)10時00分配信 Digital PR Platform

不老長寿を願い、秋の味覚を存分に堪能する懐石料理
重陽の節句にちなんだ菊の被綿や陶器も展示
9月1日(日)〜9月30日(月) 2階/懐石<蒼樹庵>

[画像1]https://digitalpr.jp/simg/438/34181/600_400_201907312011435d41776f47797.jpg


京王プラザホテル(東京:西新宿)は、9月1日(日)から9月30日(月)まで2階/懐石<蒼樹庵>において、「料理長 佐々木英樹が贈る 重陽の節句」と題し9月の「重陽の節句」にあわせ、器や料理の見た目でも秋を感じられ、松茸、秋刀魚、栗など秋の味覚ご堪能いただける懐石料理をご用意いたします。
ランチ「菊日和」では、菊花を使用した座付きからはじまり、脂がのった鮭は茸バターでコクを出した一品にし、ふっくらと釜炊きした栗ご飯は炊きたてでご提供いたします。ディナー「菊の雫」では秋の味覚をふんだんに使用し季節の美食を存分にお楽しみいただけるコースとなっております。見た目にも秋を感じられる先付のほか、香り豊かな松茸の土瓶蒸しや味噌の香ばしい香りと旨み溢れる黒毛和牛の朴葉焼きなど、五感を通してお楽しみいただけます。
また店舗内には、その重陽の風習の中でも優雅で美しいと言われている「菊の被(きせ)綿(わた)」を展示いたします。満開の菊の上に真綿をのせ、節句の朝、露をふくみ花の香りが移された真綿で顔や身体をなでると、寿命が延び若返るとされ貴族社会から武家へと受け継がれた風習です。また、節句にちなんだ陶器作品も併せて展示し、この度お食事とともに一層優美な秋の余韻をお楽しみいただけるようにいたしました。

■命を尊び 不老長寿を祝う「菊の節句」「料理長 佐々木英樹が贈る 重陽の節句」
期間:9月1日(日)〜9月30日(月)
場所:2階/懐石<蒼樹庵>
協力:株式会社中外陶園 設えスタイル提案:鈴木 絢子

◆ランチ「菊日和」12,000円 ※サービス料・税金込
果実酢 菊花 胡麻豆腐 鮎煮浸し 汲み上げ湯葉と菊菜 秋刀魚酢締め/萩真丈 清まし仕立て/お造り三種盛り合わせ/大助の茸バター焼き 黒毛和牛の香り焼き 辛子蓮根/ふかひれ茶碗蒸し/飛龍頭/蟹菊花巻き/栗釜炊き御飯 ほか 全9品
[画像2]https://digitalpr.jp/simg/438/34181/500_327_201908051421265d47bcd66ee2a.jpg


◆ディナー「菊の雫」20,000円 ※サービス料・税金込
果実酢 菊花/蝦夷鮑柔ら煮 秋刀魚鮨 鮎煮浸し 栗ココアいが盛り/松茸土瓶蒸し/お造り三種盛り合わせ/黒毛和牛朴葉焼き/甘鯛の蕪ら蒸し/白身魚の求肥昆布 菊花博多押し/松茸釜炊き御飯 ほか 全9品
[画像3]https://digitalpr.jp/simg/438/34181/500_327_201908051421425d47bce698e95.jpg


お問合せ・ご予約/(03)3344−0111(代表)【レストラン予約】

■本件に関するお問合わせ先
株式会社京王プラザホテル
営業戦略室 企画広報  杉浦 陽子・小田 力・濱谷 愛美
〒160-8330 東京都新宿区西新宿2-2-1
TEL:03-5322-8010
http://www.keioplaza.co.jp


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る