• トップ
  • リリース
  • 日本TI、IoT設計でのバッテリ寿命の延長を可能にする、業界最小の低静止電流、新型電源スイッチング・レギュレータを発表

プレスリリース

日本テキサス・インスツルメンツ合同会社

日本TI、IoT設計でのバッテリ寿命の延長を可能にする、業界最小の低静止電流、新型電源スイッチング・レギュレータを発表

(Digital PR Platform) 2019年07月16日(火)11時00分配信 Digital PR Platform

静止電流が60nAと低い降圧型コンバータにより、バッテリを動力とする多様な産業用およびパーソナル・エレクトロニクス・アプリケーションにおいて、効率の向上とソリューション・サイズの縮小を実現



日本テキサス・インスツルメンツは、非常に低い[画像1]https://digitalpr.jp/simg/1516/33872/350_280_201907121549425d282d869d533.jpg
動作時静止電流(IQ)を誇る超低電力スイッチング・レギュレータを発表しました。このレギュレータの静止電流は60nAと業界で最も低く、類似の競合製品と比較して1/3となっています。同期降圧型コンバータ『TPS62840』は、軽負荷効率が1µA負荷時で80%と非常に高いため、システムのバッテリ寿命の延長や、使用するバッテリ数の削減、バッテリの小型化が可能になり、全体的な電源ソリューション・サイズの縮小とコストの削減につながります。さらに、この新型DC/DCコンバータでは入力電圧範囲(VIN)が1.8V〜6.5Vと広いため、多様なバッテリ方式や構成に対応します。詳細については、下記関連リンクをご覧ください。

このような特長に加えて『TPS62840』では機能が選択可能になっているため、バッテリを電源として常時稼働する産業用およびパーソナル・エレクトロニクス・アプリケーションでの重要な設計課題に対処できるようになります。このようなアプリケーションには狭帯域IoT、グリッド・インフラストラクチャ装置、ウェアラブル・デバイスなどがありますが、これには柔軟性の向上、無線範囲の拡大、精度向上、電磁干渉(EMI)の低減などが求められます。

『TPS62840』は、TIの高集積、低IQ DC/DCコンバータの製品ポートフォリオに加わります。

『TPS62840』の主な特長と利点


バッテリ寿命の延長、非常に高い軽負荷時効率:超低負荷(100µA未満)および(スイッチングではなく)主に待機/出荷時モードで動作するシステムで、低IQ消費によりバッテリ寿命を延長。『TPS62840』のIQの低さから、1µA負荷時の効率が80%と向上し、競合製品と比べて最大30%良好
選択可能なモードにより性能が向上し、全体コストが低下:『TPS62840』の選択可能なモードとストップ機能により、ノイズ性能が向上し、信号歪みが減少。このような利点を活用することで、より高価な高精度シグナル・チェーン部品や、センサ、無線ソリューションを使用しなくても同等の機能を実現できるため、ソリューション・コストの削減に有効 


  ・モード・ピンにより連続導通モード(強制パルス幅変調モード)を使用して、リップルやノイズの性能を向上させ、無線周波数アプリケーションで生じやすい伝送への影響を軽減
  ・ストップ・ピンにより、すべてのスイッチング動作をオフにしてEMIやリップルを削減。高精度シグナル・チェーンや、計測器、センサ、無線接続コンポーネントに伝わる歪みも最小限に抑制


ソリューション・サイズの縮小:この新型スイッチング・レギュレータにより、設計で使用するバッテリ数を半減、またはより小型のバッテリを採用することが可能。例えば、単三電池4本の代わりに単四電池4本を使用すると最大16,980mm3の面積を省くことが可能
柔軟なVINによりアプリケーションの幅が拡大:『TPS62840』の入力電圧は1.8VIN〜6.5VINと広範囲のため、直列リチウムイオン二次電池2個(2s-LiMnO2)、1セルの塩化チオニルリチウム電池(1xLiSOCL2)、4セルと2セルのアルカリ電池、リチウムイオンポリマ電池(Li-Po)など、さまざまなバッテリ方式と構成に対応



パッケージ、供給と価格について
現在、『TPS62840』の量産開始前サンプルは、1.5mm×2.0mmサイズの8ピンSON(スモール・アウトライン・ノーリード)パッケージおよび0.97mm×1.47mmサイズの6ピンWCSP(ウェハー・チップ・スケール・パッケージ)でTI storeから供給中です。3mm×5mmサイズの8ピン熱特性強化型パッケージ(HVSSOP)は、今年後半に供給可能になる予定です。1,000個受注時の単価(参考価格)は0.85ドルから設定されています。評価モジュール『TPS62840-1DLCEVM55』および『TPS62840-1YBGEVM56』は、それぞれ49ドルで供給中です。

TIの電源に関するエキスパートからの情報


データシートのダウンロード:降圧型コンバータ『TPS62840』
技術記事: 


  ・「アプリケーションに応じた最適な静止電流について」
  ・「超低消費電力アプリケーションでデューティ・サイクルを設計するためのWEBENCHの使用方法」


リファレンス・デザインのダウンロード:「LiMnO2セルでIoT関連アプリケーション対応の狭帯域無線モジュールに電力を供給」
TIのリファレンス・デザイン・ライブラリで、豊富な電源設計を参照
TIが提供する、多様な低電力DC/DCスイッチング・レギュレータ製品と、包括的な電源管理製品ポートフォリオを参照
TI E2ETMパワー・マネージメント・フォーラムでTIのエキスパートからの有益で素早い回答と設計支援を検索


※TI E2EはTexas Instrumentsの商標です。すべての登録商標および商標はそれぞれの所有者に帰属します。


テキサス・インスツルメンツおよび日本テキサス・インスツルメンツについて
[画像2]https://digitalpr.jp/simg/1516/33872/300_76_201906251617425d11ca96147ff.jpg

コネクテッド・カーおよびインテリジェントホームから自己測定医療機器や自動化工場まで、テキサス・インスツルメンツ(本社:米国テキサス州ダラス、会長、社長兼CEO:リッチ・テンプルトン、略称:TI)の製品は、あらゆる種類のエレクトロニクス・システムに活用されています。TIは、30か国以上で事業を展開し、アナログICおよび組込みプロセッサの設計、製造、検証および販売を行っています。世界中の3万人を超える当社の従業員は、誠実、革新、コミットメントをコア・バリューとし、テクノロジーの未来を形作るため日々の業務に取り組んでいます。当社の情報はホームページ(www.ti.com )をご参照ください。

日本テキサス・インスツルメンツ(本社:東京都新宿区、社長:グレッグ・ハンタック、略称:日本TI)は、テキサス・インスツルメンツの子会社で日本市場における外資系半導体サプライヤです。当社に関する詳細はホームページ(http://www.tij.co.jp
)をご参照ください。


本件に関するお問合わせ先
Mail:Pr_ti@allisonpr.com

製品に関するお問い合わせ先
日本テキサス・インスツルメンツ合同会社
カスタマー・サポート・センター
URL: http://www.tij.co.jp/csc


関連リンク
IoT設計でのバッテリ寿命の延長を可能にする、業界最小の低静止電流、新型電源スイッチング・レギュレータを発表
https://news.ti.com/ja-jp/news-releases/content-id-125804?HQS=app-bsr-lpdc-tps62840-pr-lp-digitalpr-jp
『TPS62840』
http://www.tij.co.jp/product/jp/TPS62840?HQS=app-bsr-lpdc-tps62840-pr-pf-digital-jp

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る