• トップ
  • リリース
  • 聖徳大学・聖徳大学短期大学部が千葉県立流山おおたかの森高等学校と高大連携に関する協定を締結

プレスリリース

聖徳大学・聖徳大学短期大学部が千葉県立流山おおたかの森高等学校と高大連携に関する協定を締結

(Digital PR Platform) 2019年06月17日(月)14時05分配信 Digital PR Platform



聖徳大学・聖徳大学短期大学部(千葉県松戸市/学長:川並弘純)は6月13日、千葉県立流山おおたかの森高等学校(千葉県流山市/校長:勝井洋一)と高大連携に関する協定を締結した。流山おおたかの森高等学校で締結式を執り行い、川並弘純学長と勝井洋一校長が協定書に調印した。これを機に、学生・生徒や教職員の相互派遣等の交流の機会を拡充し、キャリア教育を発展させていくことが期待される。




 このたびの協定は、相互の交流・連携を通じて、高校生の視野を広げ進路に対する意識や学習意欲を高めるとともに、大学の求める学生像および教育内容への理解を深めることをねらいとしたもの。
 協定締結式において勝井校長は「日本の教育界は非常に厳しい時代に突入しているが、キャリア教育やインターンシップ、学生や教職員の相互派遣等において末永く交流していくことで、両校の発展の一助になると考えている」と話した。
 また、川並学長は「高大接続さらには社会との接続がこれからの高等教育の課題になっている。今回の協定締結により、大学における多様性を獲得し、学生たちの多くの可能性を見つけ出す糸口にしたい」と期待を寄せた。

 なお、同大が千葉県内の高校と高大連携に関する協定を締結するのは、県立市川昴高校(2016年)、県立我孫子高校(2016年)、県立市川南高校(2017年)、県立君津高校(2017年)、県立安房高校(2018年)、松戸市立松戸高校(2019年)、県立鎌ケ谷西高校(2019年)に続いて8校目となる。
 協定内容は以下の通り。

[主な交流・連携活動内容]
1.聖徳大学・聖徳大学短期大学部の指定する授業科目への科目等履修生の受け入れ
2.聖徳大学・聖徳大学短期大学部の各種公開講座への受講生の受け入れ
3.聖徳大学・聖徳大学短期大学部の教員による流山おおたかの森高校への出張講義
4.教育についての情報交換および交流


▼本件に関する問い合わせ先
聖徳大学総務課広報渉外グループ
住所:〒271-8555 千葉県松戸市岩瀬550番地
TEL:047-365-1111(大代表)
FAX:047-363-1401
メール:kohog@seitoku.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る