• トップ
  • リリース
  • 大谷大学学生が「2019ミス・アース・ジャパン」日本大会に京都代表として出場 -- 7月22日(月)東京都内にて最終選考会が開催される

プレスリリース

大谷大学学生が「2019ミス・アース・ジャパン」日本大会に京都代表として出場 -- 7月22日(月)東京都内にて最終選考会が開催される

(Digital PR Platform) 2019年06月14日(金)14時05分配信 Digital PR Platform



大谷大学文学部真宗学科国際コース第3学年の高橋るりさんが、地球環境問題をテーマとした世界的な美のコンペティション「2019ミス・アース・ジャパン」の京都代表に選出され、6月12日(水)に東京都内で開催されたファイナリスト発表会に出席しました。
発表会には、34都道府県の地方大会を勝ち抜いた34人が集結し、7月22日(月)に東京で開催される大会で日本代表の座を狙います。




 「ミス・アース・ジャパン」は、2001年以来毎年開催されている、世界的な「美」のコンペティションです。大会を通して、人々の環境保全に対する意識を促進することを目的としています。また、「ミス・ユニバース」「ミス・インターナショナル」「ミス・ワールド」と並ぶ、世界4大ミスコンテストの一つです。


【高橋るりさんプロフィール/コメント】
 高橋さんは、真宗大谷派の寺院の長女として生まれ、東京大学を卒業後、大手自動車メーカーでの就業を経て現在、住職を目指して本学で海外の真宗に関する文献の研究などをしています。



 このコンテストに挑戦したきっかけは、「住職を目指していく上でもっと自分の人間的な魅力を高めたいという想いから、仏教に興味が無い人にも耳を傾けてもらうためには、まず自分が魅力的である必要がある」と考えたからだそうです。
 また、名前の「るり」には「瑠璃色の地球」のような美しい心を持ってほしい、という願いが込められており「ミス・アース」は自分にぴったりのコンテストだと思ったそうです。


 現在、高橋さんは7月22日(月)に行われる最終選考会に向けて、ウォーキングやスピーチのトレーニングに励んでおり、これまで「ミス・アース・京都」としてラジオやイベントにも出演し、環境問題についての情報発信に貢献しています。
 また、「ミス・アース」に応募することは誰にも伝えておらず、「ミス・アース・京都」に選ばれた事をきっかけに知った周りの方は驚かれていたそうです。

 「環境問題は自分のことだけを考えるのではなく、利他の精神が無いと解決できないと考えています。もし、ミス・アース・ジャパン グランプリになれたらやりたい事は、仏教の魅力を国内外に発信できるような活動をしたいと思っています。ミス・アースとしての活動を通じて、人の心に響くお話ができる住職になるのが私の「夢」です」と熱く語ってくれました。


●大谷大学公式webサイト新着記事
 http://www.otani.ac.jp/news/nab3mq000006jp92.html


●2019ミス・アース京都webサイト
 https://kyoto.mej-ap.org/


●2019ミス・アース・ジャパンwebサイト
 http://www.miss-earth.com/

▼本件に関する問い合わせ先
企画・入試部 企画課
住所:603-8143 京都市北区小山上総町
TEL:075-411-8115
FAX:075-411-8149
メール:kikakuka@sec.otani.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る