• トップ
  • リリース
  • 新元号「令和」を揮毫した聖徳大学文学部の茂住菁邨講師が、新たに揮毫し落款した書を同大に寄贈

プレスリリース

新元号「令和」を揮毫した聖徳大学文学部の茂住菁邨講師が、新たに揮毫し落款した書を同大に寄贈

(Digital PR Platform) 2019年06月07日(金)14時05分配信 Digital PR Platform



4月1日の新元号発表時に掲げられた書「令和」は、聖徳大学文学部(千葉県松戸市)の茂住菁邨講師が揮毫したもの。このたび、茂住講師が新たに揮毫し落款した「令和」の書が同大に贈呈された。今回贈られた書は同大ホールに飾られ、撮影スポットも用意されている。




 今年4月1日、菅義偉官房長官が墨書「令和」を掲げ、新元号が発表された。この書は、聖徳大学文学部文学科書道文化コース兼任講師の茂住菁邨(もずみ せいそん)氏が揮毫したもの。
 茂住講師は、同大通学課程ならびに通信教育課程にて「漢字かな交じり書法」「漢字作品制作法」の授業を担当。「漢字作品制作法1」の授業では、いわゆる一般的な書の技法ではなく、書を芸術的な創作作品に昇華するべくその制作方法を学ぶことができる。

 6月5日、茂住講師は川並弘純学長を訪問し、新たに揮毫し落款した「令和」と、「令和」の典拠である『万葉集』を書いた書を寄贈した。額縁は菅官房長官が新元号発表時に使用したものと同種のもので、学生たちが目にできるよう同大8号館ホールの入り口に飾られたほか、複製を実際に手に持って記念撮影できるスポットも用意されている。

 なお、茂住講師の授業は、同大通信教育部のスクーリング科目「実用書道」などでも受講することができる。受講希望者は下記問い合わせ先まで。

▼通信教育に関する問い合わせ先
 聖徳大学通信教育部(共学)
 TEL:047-365-1200(直通)
 URL:http://www.seitoku.jp/tk/


●茂住菁邨氏プロフィール
 内閣府大臣官房人事課辞令専門職にて勤務。内閣総理大臣、国務大臣、裁判官などの辞令や国民栄誉賞の賞状などを揮毫。

(参考:聖徳大学公式サイト内関連ページ)
・「令和」文学部の茂住菁邨先生が揮毫---落款した書を大学に寄贈
 http://www.seitoku.jp/univ/news/detail.shtml?id=1466

▼本件に関する問い合わせ先
聖徳大学総務課広報渉外グループ
住所:〒271-8555 千葉県松戸市岩瀬550番地
TEL:047-365-1111(大代表)
FAX:047-363-1401
メール:kohog@seitoku.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る