• トップ
  • リリース
  • OPPOと世界的な写真家集団のMagnum Photos、「See Beyond」クリエイターアワードを開始

プレスリリース

オッポジャパン株式会社

OPPOと世界的な写真家集団のMagnum Photos、「See Beyond」クリエイターアワードを開始

(Digital PR Platform) 2019年05月20日(月)11時46分配信 Digital PR Platform

【2019年5月17日、深】 革新的なデザインとテクノロジーで業界をリードするスマートフォンブランド、OPPOは本日、世界的な写真家集団であるMagnum Photosとの連携による「Image Creativity Programme」を起ち上げ、「See Beyond」クリエイターアワードを開始することを発表しました。先進のスマートフォンブランドであるOPPOと写真を専門にするMagnumによる、このユニークなコラボレーションの目的は、世界中の写真愛好家向けにコンテンツ交換プラットフォームを形成することにあります。このプログラムは、人々が写真を使って生活を記録し、自分を表現し、「その先の何かを発見する」ことを促すようにも設計されています。

[画像1]https://digitalpr.jp/simg/1390/32917/600_338_201905201138075ce2130f4105f.jpg

「See Beyond」クリエイターアワードについて
Magnum Photosは、1947年に先進的写真家グループによって創設されました。以後70年以上にわたり、Magnumの写真家は、レポーター、アーティスト、ストーリーテラーの独特な融合を試み続けています。彼らはメディアのマスターであり、歴史の重要な瞬間と問題をカバーすることで象徴的な写真を創造し、我々が生きる時代の個人的なビジョンを表現してきました。

「See Beyond」クリエイターアワードは、大きな可能性を秘めた写真愛好家の発掘に役立ち、若く才能のある写真家が、自分の作品を発表したり、自分を表現したりすることができます。さらに、これらの作品は、Magnum PHOTOS Talent Programやオフラインの写真展などのアクティビティを通じても一般に公開されます。

OPPOとMagnum PHOTOSによる「See Beyond」クリエイターアワードでは、Magnumの写真家であるルア・リベイラ(Lua Ribeira)や女優のチュン・シャ(Chun Xia)をはじめとする有名クリエーター数名を特別ゲストとして招き、ゲストの作品について、特に表現と創作に焦点をあてインタビューしています。

一方で、OPPOは写真分野での革新と探求を継続しながら、カメラ機能とユーザー体験に常に重点を置いてきました。同社の最新スマートフォンであるReno 10倍ズームは、トリプルレンズ構成や10倍ハイブリッドズームなど革新的なカメラ関連の技術を搭載しています。OPPOは、ユーザーが強化されたカメラ技術とユーザー体験を楽しみながら、撮影と創作の喜びを感じられるように支援します。

MagnumとOPPOのパートナーシップは、次世代の視覚的表現方法の開発に向けた、両者の協力した取り組みを示しています。世界中のすべての携帯電話ユーザーが、出身地や関心テーマに関係なく、イベントに参加し、世界中の写真愛好家とコミュニケーションを図り、自分の才能と創造性を示すことができます。
詳しくは、次のWebサイトを参照してください。https://seebeyond.oppo.com/en/


OPPOについて
OPPOは、世界をリードするスマートデバイスブランドです。2008年に最初のフィーチャーフォン「A103 Smiley Face」を発表以来、OPPOは美的満足度と革新的技術の相乗効果の実現に熱心に取り組んできました。現在OPPOは、OPPO CloudやOPPO+などのインターネットサービスに加え、FindシリーズやRシリーズを中心とした多様なスマートフォンやColorOSも提供しています。
OPPOは、40以上の国と地域で事業を展開し、世界で6箇所の研究機関と4箇所のR&Dセンター、ロンドンに国際デザインセンターを構えています。OPPOの40,000人以上の社員は、世界中のお客様のより良い生活を実現することに日々取り組んでいます。

オッポジャパン公式WEBサイト: http://www.oppo.com/jp/index.html
Twitter: https://twitter.com/OPPOJapan
Facebook: https://www.facebook.com/oppojapan/
InstaGram: https://www.instaGram.com/oppojapan/


Magnumについて
Magnum Photosは、1947年、ロバート・キャパの発案で、アンリ・カルティエ= ブレッソン、ジョージ・ロジャー、デビッド・ シーモア("シム")らが創設した、会員が出資して運営する写真家の集団。それまでは作品が掲載される際、写真家の意向にかかわらず、むやみに写真をトリミングしたり、不正確なキャプションをつけられたりすることが頻繁にあったが、これを防ぎ、写真家の権利と自由を守り、主張することを目的として、ニューヨークとパリに事務所が設置された。「マグナム」の名は、シャンペンの大瓶に由来するといわれている。設立メンバーの国籍やバックグラウンドが多種多様であることは、そのままグループの伝統として引き継がれ、以降、様々な国のそれぞれに違った生活環境を持つ優秀な写真家たちが集まり、自らの情熱や興味の赴くままに、自分の好きな写真を撮り続けている。メンバーの作品が最初に発表されるのは、世界の主要雑誌であることが多いが、それらのイメージは芸術性が高く、最終的に、写真史に残る名作として、ギャラリーや美術館などに収められることが多い。 現在ではメンバーの数も50名を越え、ロンドンと東京にも支社を置き、ドキュメンタリーだけでなく、コマーシャル、ファッション、ワークショップ、アートなど、様々な分野で、グローバルな活動を続けている。 マグナム・フォトは2017年、創設70周年を迎えた。
詳細は、https://www.magnumphotos.co.jp/
をご覧下さい。

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る