• トップ
  • リリース
  • 『テレビ調査白書2018』発刊 〜平成の30年間、テレビ視聴はどう変化してきたのか?〜

プレスリリース

株式会社ビデオリサーチ

『テレビ調査白書2018』発刊 〜平成の30年間、テレビ視聴はどう変化してきたのか?〜

(Digital PR Platform) 2019年05月16日(木)14時20分配信 Digital PR Platform

株式会社ビデオリサーチ(本社:東京、社長:加藤 讓)は、この度2018年のテレビ視聴率・テレビ広告の動向をまとめた「テレビ調査白書2018」を発刊しました。本書では、「テレビ視聴率、広告の動向」に加え、平成を振り返る特集として、平成30年での「テレビの見られ方」の変化、「どんな番組がよく見られたのか」などを紹介しています。

■特集 ありがとう・さようなら 平成 〜データで振り返る平成のテレビ30年史〜
テレビは、よく“時代を映す鏡”といわれます。様々な切り口のデータから「テレビの見られ方」の変化や「よく見られた番組」を確認することで、平成がどういう時代であったか、振り返ることができる内容となっています。
■2018年の高世帯総合視聴率番組、高世帯タイムシフト視聴率番組
関東地区のランキングでは、どんな番組(ジャンル)がライブ視聴され、タイムシフト視聴されたのかを紹介。
また、関東・関西・名古屋地区におけるエリアごとのタイムシフト視聴時間のジャンル別シェアから見えてくる、タイムシフト視聴の特徴や傾向などを紹介しています。


『テレビ調査白書2018』の概要
□ 2018年 テレビに関するトピックス
・テレビ広告費の推移と世の中の動き/総世帯視聴率とイベントの関係/
 地上波テレビ番組編成/タイムシフト視聴/2018年の主な出来事
□ 特集 ありがとう・さようなら 平成
 〜データで振り返る平成のテレビ30 年史〜
□ テレビ視聴の動向 
・高世帯視聴率番組、地区別テレビ視聴率の動向(10地区)
・テレビ番組を見る眼〜好感度、継続視聴意向、満足度〜
・世帯・個人視聴時間及び総世帯視聴率の推移
□ テレビCMの動向
・テレビ広告出稿量〜業種別、広告主別、タレント別〜
・テレビCMを見る眼〜認知率、好意度、商品購入喚起度〜

[画像1]https://digitalpr.jp/simg/1272/32854/300_424_201905161146555cdccf1fd1f20.jpg



 
















本報告書はB5版(180ページ)
ご提供価格 5,400円(消費税込)
※下記URLからお申込みいただけます。
https://videor.web-tools.biz/tvaudience_advertising2018/





ビデオリサーチは、テレビ視聴率調査をはじめ、ラジオ、新聞、雑誌、屋外メディア、インターネットなどの各種媒体接触・評価調査、広告効果調査・分析などのメディアリサーチサービス、および生活者動向や商品・ブランドの市場調査、世論調査などのマーケティングリサーチデータを提供する総合リサーチ企業です。


本件に関するお問合わせ先
株式会社ビデオリサーチ
経営管理局 コーポレートコミュニケーション室
TEL: 03-5860-1723 FAX.03-3556-8914 E-mail:info@videor.co.jp

関連リンク
テレビ番組のタイムシフト視聴傾向〜最新「テレビ調査白書2018」より〜
https://www.videor.co.jp/digestplus/tv/2019/05/13412.html
『テレビ調査白書2018』発刊 〜平成の30年間、テレビ視聴はどう変化してきたのか?〜
https://www.videor.co.jp/press/2019/190516_2.html

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る