• トップ
  • リリース
  • インドのローカル言語に対応したAIチャットプラットフォーム「niki.ai」を提供するTechbins Solutionsへ出資

プレスリリース

株式会社リクルートホールディングス

インドのローカル言語に対応したAIチャットプラットフォーム「niki.ai」を提供するTechbins Solutionsへ出資

(Digital PR Platform) 2019年05月07日(火)11時00分配信 Digital PR Platform

[画像1]https://digitalpr.jp/simg/2/32632/450_130_201904251632185cc162820da9d.jpg

 株式会社リクルートホールディングスの中間持ち株会社である株式会社リクルート(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:北村吉弘、以下リクルート)は、投資子会社である合同会社RSP India Fundを通じ、AIを活用し、インドのローカル言語に対応したAIチャットプラットフォーム「niki.ai」を提供するTechbins Solutions Pvt. Ltd.(テックビンスソリューションズ、本社:インド、CEO: Sachin Jaiswal)への出資を行いましたのでお知らせします。

――――――――――――――――――――
1. 背景と目的
――――――――――――――――――――

 スマートフォンの普及に伴い、インドではインターネットにアクセス可能な人口が5億人に到達する見込みのなか、依然オンラインサービスは英語が主流となっています。方言を含めると数千の言語が存在する同国においては、言語上の制約から、オンライン取引を行うことができる人の割合はスマートフォンユーザーの20%と言われており、ローカル言語への対応が課題となっています。

――――――――――――――――――――
2.Techbins Solutions Pvt. Ltd.について
――――――――――――――――――――

 Techbins Solutionsは、ローカル言語に対応したAIチャットプラットフォーム「niki.ai」を通じて、より多くの人びとにオンライン取引の機会を提供しています。「niki.ai」は、自然言語処理によってユーザーが用いる言葉を解析し、チャットや音声インターフェースを介して複数のオンライン取引を単一のプラットフォーム上で行うことを可能にします。ユーザーは、バスやタクシー、ホテル、レストランなどの予約から、プリペイド式携帯電話のリチャージ、請求書の支払いまで「niki.ai」上で簡単に済ませることができます。とりわけ地方都市においては、ローカル言語に対応したチャットプラットフォームへのニーズが高く、今後もさらなる利用拡大が見込まれています。

 リクルートは今回の出資を通じて、「niki.ai」が提供するプラットフォームの利用拡大を支援し、「niki.ai」は今回の資金調達により、さらなる機能の拡充と顧客の獲得を推進していく予定です。

(1)商号:Techbins Solutions Pvt. Ltd.
(2)代表者:Sachin Jaiswal
(3)所在地:897, 1st Floor, Koramangala 6th Block, 80 Feet Road, Bangalore - 560095
(4)設立:2015年6月
(5)主な事業内容:チャットプラットフォーム(niki.ai)の開発・運営
(6)Webサイト:https://niki.ai/

――――――――――――――――――――
3.合同会社RSP India Fundについて
――――――――――――――――――――

 合同会社RSP India Fundは、インドにおけるリクルートグループの新領域事業の創出を視野に入れた新テクノロジー・新ビジネスモデルの発掘および事業機会の獲得を目的に、有望なスタートアップ企業を対象に投資を行っています。

(1)商号:合同会社RSP India Fund
(2)代表者:村井宏行
(3)所在地:東京都中央区銀座8-4-17
(4)設立:2015年4月8日
(5)主な事業内容:投資育成事業・ベンチャーキャピタル事業


▼株式会社リクルートについて
https://www.recruit.co.jp/

――――――――――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
https://www.recruit.co.jp/support/form/
――――――――――――――――――――

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る