• トップ
  • リリース
  • 鳥取・米子にも縁の深い画家、武内祐人さんの個展を米子高島屋で開催。

プレスリリース

鳥取・米子にも縁の深い画家、武内祐人さんの個展を米子高島屋で開催。

(Digital PR Platform) 2019年04月25日(木)09時41分配信 Digital PR Platform

会場には「笑顔」をテーマにした新作・約50点を展示いたします。28日(日)には、ご本人による「ライブペイント」も行います。

「武内祐人展」
■会期:4月24日(水)〜 4月30日(火・休)まで
 ※連日午前10時〜午後6時(※最終日は午後3時閉場) ※入場無料
■会場:米子高島屋 1階特設会場

[画像1]https://digitalpr.jp/simg/327/32555/300_437_201904241836545cc02e3673f2b.jpg


 米子高島屋では、イラストレーター・絵本作家としても活躍中の画家・武内祐人さんの個展を開催しています。武内さんの作品には温かみのある動物や子どもが主なモチーフとして描かれており、人々をアートの力で笑顔にしたいという想いが込められています。
 武内さんの作品は米子市内の複数の病院や幼稚園に寄贈されています。また、鳥取県内でも使用されている小学校2年生の国語の教科書(東京書籍)の表紙デザインや、地元の銘菓のパッケージデザインなども手がけられました。このように、鳥取・米子地域とも縁が深い画家・武内祐人さんの今回の個展では、「笑顔」をテーマとするA4サイズから10号(53×45.5cm)の新作・約50点などを展示いたします。期間中はご本人の来場イベントも行うほか、絵画や絵本、ポストカード等、関連商品の販売も行います。

【イベント開催】
武内祐人さんによる「ライブペインティング」
■日時:4月28日(日)午後2時〜(会場内)
武内祐人さんが、音楽に合わせ、約2時間で「笑顔」をテーマに作品を描きます。
サイズは100号(162.1cm×130.3cm)の大きなキャンバスを使用予定です。


【武内祐人さん プロフィール】 
1969年大阪生まれ
1993年に京都市立芸術大学プロダクトデザイン専攻を卒業。
奈良市内にアンテナショップをオープンし、奈良を拠点に活動。
現在は、全国の百貨店をはじめ、各地にて個展を開催するほか、精力的にライブペインティングも実施。


本件に関するお問合わせ先
米子島屋 
鳥取県米子市角盤町1−30
TEL:0859-22-1111(代表)

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る