• トップ
  • リリース
  • 駒澤大学の助教およびサッカー部コーチに元Jリーガーの深井正樹氏が就任

プレスリリース

駒澤大学の助教およびサッカー部コーチに元Jリーガーの深井正樹氏が就任

(Digital PR Platform) 2019年03月29日(金)08時05分配信 Digital PR Platform



駒澤大学(東京都世田谷区)は、同大OBで元Jリーガーの深井正樹氏(38歳)が、総合教育研究部スポーツ・健康科学部門助教および同大学サッカー部コーチに就任することを発表した。深井氏は同大卒業後、鹿島アントラーズを中心にJリーグで活躍。2016年に現役を引退し、2017年からジェフユナイテッド市原・千葉の普及コーチを務めていた。




 駒澤大学総合教育研究部スポーツ・健康科学部門助教および同大学サッカー部コーチに、同大OBで元Jリーガーの深井正樹氏が4月1日付で就任する。

 深井氏は、山梨県出身。1999年に山梨県立韮崎高校から駒澤大学に入学。大学時代には関東大学リーグ初優勝に貢献し、ユニバーシアード日本代表として北京大会で金メダルを獲得した。2003年に鹿島アントラーズに入団し、ジェフユナイテッド市原・千葉など6つのクラブで活躍。2016年に現役を引退し、2017年からジェフユナイテッド市原・千葉の普及コーチに就任していた。


▼本件に関する問い合わせ先
駒澤大学総務部広報課
住所:〒154-8525 東京都世田谷区駒沢1-23-1
TEL:03-3418-9828
メール:koho@komazawa-u.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る