• トップ
  • リリース
  • 日立東大ラボ・産学協創フォーラム「Society5.0を支える電力システムの実現に向けて」(第2回) 〜評価プラットフォームとデータ、制度・政策のあり方 および 地域創生に向けた展開〜 -- 2019年4月17日(水)開催

プレスリリース

日立東大ラボ・産学協創フォーラム「Society5.0を支える電力システムの実現に向けて」(第2回) 〜評価プラットフォームとデータ、制度・政策のあり方 および 地域創生に向けた展開〜 -- 2019年4月17日(水)開催

(Digital PR Platform) 2019年03月28日(木)20時05分配信 Digital PR Platform



日立東大ラボでは、来る2019年4月17日(水)に安田講堂(東京大学本郷キャンパス)にて、昨年4月に引き続き、標記フォーラムを開催いたします。
本フォーラムは、「社会全体のエネルギーシステムを評価するプラットフォームとデータの概念設計」および「長期エネルギーシナリオとSociety 5.0を実現するエネルギーの制度・政策」の2テーマを軸に検討を深めた成果を紹介すると共に、地域創生や地域活性化なども踏まえた新しいエネルギーシステムの実現に向け、関係者との議論を通じて問題意識を共有することを目的としています。
取材を希望される場合は、4月8日(月)17:00までに、御連絡をお願いいたします。




【開催概要】
 日立東大ラボ・産学協創フォーラム「Society5.0を支える電力システムの実現に向けて」(第2回)
 〜評価プラットフォームとデータ、制度・政策のあり方 および 地域創生に向けた展開〜
・日時:2019年4月17日(水) 13:00〜17:10(開場12:15)
・場所:安田講堂 東京大学本郷キャンパス
・主催:日立東大ラボ



【プログラム】※詳細はフライヤー及び下記URL参照
 http://www.ht-lab.ducr.u-tokyo.ac.jp/2019/02/18/news10/
 
<特別講演>
・Prof. Jessika Trancik (代理発表: Marco Miotti研究員)
 Associate professor in the Institute for Data, Systems, and Society(IDSS)
  at the Massachusetts Institute of Technology(MIT)
・根本 孝七 一般財団法人 電力中央研究所 エネルギーイノベーション創発センター所長
<日立東大ラボからの報告>
<パネルディスカッション> 



【申込方法】
 下記URLよりお申し込みください。 ※参加費無料、事前登録
 http://www.ht-lab.ducr.u-tokyo.ac.jp/2019/02/18/news10/
 取材申込は、メール( 20190417forum@ht-lab.ducr.u-tokyo.ac.jp )にて、必要事項をお知らせください。



【取材申込・お問い合わせ】(申込〆切:4月8日(月)17:00)
 20190417forum@ht-lab.ducr.u-tokyo.ac.jp
 ※ 件名は、【4/17】フォーラム取材申込(貴社名)、としてください。
 ※ メールで、下記事項をお知らせください。
   申込記入事項:
   1.貴社名
   2.部署名・役職
   3.氏名(ふりがな)
   4.貴社所在地
   5.電話番号
   6.E-mail
   7.取材方法(お持込機材) ペン、カメラ、映像、その他



【留意事項】
 ※ 事前にお申し込みがない場合、入場をお断りすることもございます。
 ※ 開催前日までに、御連絡いただいたメールアドレス宛に受付完了メールをお送りいたします。当日は、そのメールを印刷し、お名刺とともにご持参の上、受付までお越しください。
 ※ 会場内では、自社腕章等を着用してください。
 ※ フォーラム当日の講演者への個別取材のお時間は設けておりませんので、予めご了承ください。

▼本件に関する問い合わせ先
日立東大ラボ事務局
メール:20190417forum@ht-lab.ducr.u-tokyo.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る