• トップ
  • リリース
  • USCPA試験トランプ税制対応教材リリース 国際資格の専門校アビタス

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

株式会社アビタス

USCPA試験トランプ税制対応教材リリース 国際資格の専門校アビタス

(Digital PR Platform) 2019年03月13日(水)13時02分配信 Digital PR Platform

USCPA(米国公認会計士)全科目合格者3,500名超える

国際資格の専門校アビタス(本社東京都渋谷区、代表三輪豊明)は、USCPA(米国公認会計士)資格講座の新教材をリリースしました。2019年から新たに試験範囲に加わった「トランプ税制」に完全対応しています。アビタス受講生のUSCPA試験全科目合格者は累計3,500名を突破し、グローバルビジネスに対応できる人材を輩出し続けています。

[画像1]https://digitalpr.jp/simg/1181/31919/600_269_201903121554115c87579361f6f.jpg


■税法のテキスト26%アップデート
米国トランプ大統領の税制改革、通称「トランプ税制」は、法人税率を最高税率35%から一律21%に引き下げることをはじめとした、30年ぶりの大型減税が特長です。USCPAは米国の会計士資格で、税制に関する知識も問われます。2019年の試験範囲からトランプ税制をベースとした出題がなされることがアナウンスされ、アビタスでは試験範囲の変更に併せて対応教材をリリースしました。
トランプ税制に大きくからむ税法のテキストは全体の26%を改訂しました。さらに、税法以外に関しても、AUD(Auditing and Attestation; 監査及び証明業務)の教材を、より監査の実務をイメージできるよう大幅改訂しました。

■全科目合格者累計3,500名を突破
USCPAは、会計を中心とした専門知識と英語力を証明できる資格として世界で広く認知され、日本でも学生から経営層まで、幅広い世代が取得を目指しています。アビタスは日本語教材(英語併記)を独自開発しており、これまでに3,558名の合格者を輩出(2019年2月時点)しています。教室講義に通えない方でも、講義視聴、問題演習、単位試験受験など通学と同等の受講環境を実現し、受講サポートも充実しています。

■ヨーロッパでも受験可能に
USCPA試験は、米国内に限らず、日本やブラジル、UAEやバーレーンにあるコンピュータテストセンターで受験できます。2018年10月からは、イングランド、ドイツ、アイルランド、スコットランドでも受験できるようになり、ヨーロッパにも門戸が広がりました。
受験地や受験条件については米国各州のAccounting Boardまたは受験予備校に尋ねることをお勧めします。

[画像2]https://digitalpr.jp/simg/1181/31919/150_100_201903121555295c8757e1a09c5.jpg


【株式会社アビタス】
本社所在地:東京都渋谷区代々木2-1-1新宿マインズタワー15階
代表者:代表取締役 三輪 豊明(みわ・とよあき)
事業内容:教育事業(米国公認会計士、公認内部監査人などの社会人向け国際資格プログラムを展開)
     人材事業(人材紹介;厚生労働大臣許可 13-ユ-302408
人材派遣;厚生労働大臣許可(派)13-302848)
設立:1995年7月
資本金:7,000万円
主な実績:米国公認会計士(USCPA)合格者約3,500人輩出、公認内部監査人(CIA)合格者約2,400人輩出など
事業所:本社(新宿本校)、八重洲校、大阪校
https://www.abitus.co.jp/
TEL:03-3299-3900 / FAX:03-3299-3777



本件に関するお問合わせ先
報道関係者の方
アビタス広報窓口 
TEL:03-3299-3223(広報直通)
Mail:abitus@abitus.co.jp

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る